イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

アダルトチルドレンだった私が11歳年下の男性に出会う

「まみのことずっと昔から知っていたような気がするんだよねー」

テレパシーでも使っているんかい??と私が思っていることをしょっちゅう言う彼は、ガチガチのビジネスマン。

私より11歳も年下の男性です。

そして彼のホロスコープを見たとき、誕生日が全然違うのになんか似てる・・・と感じずにはいれませんでした。

数年前に体育座りをしながら、溜息交じりに泣いていたことが思い出されます。

それは、イヴァルナにリーディングしてもらったソウルメイトはおろか、誰にも出会えなかったな、、、と打ちひしがれていた記憶です。

いくら求めても求めてもパートナーに出会えず、何年も一人ぼっちでいることに惨めさを感じていました。

いいえ、いくつかの出会いはありましたが、好きになった人には相手にされることはありませんでした。

なんとなく友達以上にはなれるけど、恋人にはなれない、そんな恋愛しかできない状態でした。

・・・・

・・・・

・・・・

・・・・

ソウルメイトという言葉を知ったのはいまから10年以上前です。

当時、私はわけのわからないストレスを感じ、その答えを探し求めていました。

関東でセプノセラピー受けるために電車を待っていた私は、時間があったので本屋さんに入りました。

そのときに目に飛び込んできた本の題名に胸をわしづかみされるぐらい衝撃だった記憶があります。

その本とは?

『「運命の人」と出会うスピリチュアル・レッスン ~英国流ソウルメイトの探し方~ 溝口あゆか著 大和出版』

後に私にカウンセリングやセラピーを教えてくれた先生でもあります。

電車で夢中で読みながら「ソウルメイトに会いたい!!」と、体を揺さぶられるほど強い衝動を感じ、ボロボロと涙がでてきました。

私も心から愛する人と人生を生きていきたい!!

そう感じたとき、やっぱりこの心の傷を癒すことは必要なんだ、と確信に近い気持ちを抱きました。

そうして、セプノセラピーを皮切りにさまざまなことを学んでいきました。

スピリチュアルや心理学と呼ばれる本は片っ端から読みました。

そして自分のソウルメイトってどんな人なんだろう?

会いたい!!知りたい!!

あゆかさんの本の中にでてきたイヴァルナという占星術師の鑑定を受けたい!!

今から思えば私は人を本当に愛するということはどういうことなのかを知りたかったんだと思います。

数ヶ月後に離婚することにはなりましたが、その当時私は結婚しており、色々なことを悩んでいました。

離婚を回避できるかもしれない・・・

安定した生活を失うのは怖い・・・

彼はソウルメイトじゃない・・・

私が心から愛する人がみつかるかもしれない・・・

そんな自分勝手な思考がグルグルと回りながらも、本当に幸せになるってどういうことなんだろう?

生きていくってどういうことなんだろう?

小さいときにずっと考えていた疑問の答えを知りたいという、心の深いところからくるどうしようもない欲求が身体の中を駆け巡っていました。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない2へ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です