頑張って彼に気持ちを伝えたのに、、

彼に寂しい気持ちと伝える

こんにちは^^中村まみです。

 icon-external-link 前回の記事で一番肝心なことが抜けている状態では、気持ち伝えても聞き入れてもらえないということをお伝えしました。

その一番肝心なことというのは「私に私の気持ちをわかってほしい」ということでしたよね。

さて今日はその続きです。

そしてここからがウンと大切なことになります。

分かってほしい気持ちを感じる

自分がどんな気持ちをわかってほしいと思っているのか?

ということをまずは理解するべきなのです。

寂しさや怒りかもしれません。

不安や惨めさかもしれません。

そんなふうに感じているその気持ちをまずは感じてあげてください。

本当に理解するとは?

そしてその気持ちを感じてしまう土台になっている思い込みを見つけるところまで行けるのが理想です。

顕在意識では分からない本当の気持ちを受け入れたことになりますから。

実はここを中途半端にしていると、また同じような気持ちになることを繰り返すんです。

潜在意識が自分に思いをぶつけてくるんです。

恋愛をしても二股かけられたり。

既婚者や恋人がいる人だったり。

振られるパターンが同じだったり。

惨めな気持ちになるような経験。

怒りでどうしようもなくなるような経験。

ガクッと辛~~くなるような経験をしてしまい、また同じ気持ちになった、、、となってしまいます。

顕在意識では分からない本当の気持ちを潜在意識から見つけることが超重要になってくるのです。

前世などの記憶として出てくる本当の気持ち

何を彼に分かってほしいと思っていて、それが自分にとってどういう意味があるのか

あるいは、分かってもらえないとこいうことは自分にとってどんな意味を持つのか

そうやってどんどんどんどん潜在意識の深いところにある思いに入っていきます。

すると本当に分かってほしい記憶が紐解かれてあらわになります。

お母さんに無視された小さいころの記憶がよみがえってくるかもしれません。

兄弟喧嘩で負けた記憶かもしれません。

あるいは、前世になるのですが、奴隷時代の前世を思い出した方もいました。

病気で誰にも看取られずに死んでいった前世などもありました。

時空を超えて癒しを起こす

あなたの物理的な目は彼をみていますが、潜在意識の目は彼ではなくその記憶をみているのです。

その記憶の中に入り、時空を超えて癒しを起こします。

これは潜在意識の性質により可能なのです。

時空を超えて前世を変えることも可能なのです。

それは本当に不思議な体験になると思います。

お互いの魂を癒す

私たちが人間として存在する理由の一つとして、自分だけの体験を重ねることもあります。

それにはたくさんの人たちの協力が必要で、彼もお母さんもお父さんもその役割を担ってくれています。

あなたがあなたの体験をするために、みんなが協力してくれているのです。

あなたが傷ついたという思いを体験し尽くすために、しっかりととことんまで感じてあげることが他者をも助けます。

役割を担っている方々も役目を全うすることができるからです。

互いの魂の役割を全うすることができるんです。

お互いの魂が癒されるんです。

恋愛が上手くいかない理由はたった一つだけ

恋愛がうまくいかないのなら、自分のために泣き、自分のために自分の心の声を聴くということをしてこなかったからです。

ただそれだけの理由なのです。

あなたがダメなわけでも、恋愛運がないわけでも、男運がないわけでもないんです。

私たちは何かを成し遂げるために存在するのではなく、一つ一つの経験を体験していくために存在しています。

その経験の中に「運命の人」もいます。

一つ一つの経験が不消化だと「運命の人に出会う」という経験が滞ることも起きてきます。

あなただけに起こっている経験、たとえそれが苦しい経験だとしても、それが発生しているエネルギーの声を聴いてあげてください。

体験をし尽せば必ず行くべき場所に行けますから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です