■運命の人とあなたという存在

こんにちは^^中村まみです。

前回、ネガティブな感情もポジティブな感情と同じように感じてあげることが必要なので、それをしないままでいると、いつまでも記憶が残ってしまう、そういう心のしくみが私たちにはあり、どうしてそうなるのかは、私たちがこの世に存在している理由とリンクしているということも申し上げました。

なので、ネガティブな感情は私たちの「生きる意味」にも通じる大事なこと、つまり、運命の人という人生の一大プロジェクトにも関わってくるということをサラリとお伝えしました。

 icon-arrow-right 恋愛ができなくなった・・・

今日はそれについてもう少し詳しくお伝えしたいなと思います。

時々、運命の人に出会いたいでもそれが怖いという方がいらっしゃいますが、「運命の人=自分の生きる意味」になっていることが多く、無意識の中ではそれが分かっていらっしゃるから、怖い気持ちが出るのだなと思っています。

ネガティブな感情というのは、私たちの潜在意識の中にある思い込みによって引き起こされます。

何度も何度も同じ失恋パターンを繰り返す

恋愛をしたいと思いながら出来ない

ずっとずっと忘れられない人がいる などなど

これも潜在意識の思い込みで起こっています。

ネガティブな感情を感じるとき、私たちは無意識にですが、そのネガティブな感情が引き起こされる原因になった思い込みの記憶も甦っています。

こことても大事ですからもう一度いいますね。

ネガティブな感情を感じるとき、そのネガティブな感情が引き起こされる原因になった思い込みの記憶も甦っているのです。

その思い込みは、小さいときの父母との関わりや周りの環境でできてしまったもの。

どうしてそれが出来たのかというと

自分を守るため

なんです。

ここも大切なところですからもう一度いいますね。

自分を守るためにネガティブな感情を引き起こす原因となる思い込みをあなたは創りました。

これは思い込みが原因を紐解いていくと、ご自身でも分かってくるのですが、

例えば(※あくまでも例えばです!)

親に虐待を受けてた場合

自分が悪い子だからこんなひどい目に合うんだと思わないと、人格が崩壊したりするんです。

親がそうする理由がいるんですね。

虐待というひどいものでなくても、例えばお母さんが忙しくて、あなたにかまってあげられないことが多かったとします。

子どもの脳というのは未発達なので、お母さんの大変な状況まで把握ができなんです。

でも子どもとしてはお母さんが自分に無関心だと思ってしまうんですね。

その理由が子どもなりに必要なんです。

それが自分が悪者になるということにつながってきます。

自分が価値がないからだとか

自分は愛されるに値しない人間だとか

そんな思い込みをつくります。

そしてここがすっごく愛おしいポイントなんですが、どうして自分を悪者にしてしまうのかというと

私たちはもれなくお父さん、お母さんを愛しているので、悪者にしたくないんです。

だから自分が悪者になるしかない、

それでしか自分という存在を守ってあげれなかった

そういう仕組みがあるんですね。

ただ大人になるとだんだんいろいろなことが分かってくるのですが、子どものときに自分がつくってしまった思い込みというのはそのまま残ってしまいます。

もちろん、すべての思い込みが残るわけではありませんが、強く感じた

自分への無価値感

自分が愛されていないという感覚

はたいてい残ってしまいます。

そして大人になったことで理解したことと、潜在意識にある思い込みにギャップがでてきます。

そのギャップが強ければ強いほど、生きづらさを抱えてしまうことが起こってきます。

運命の人に出会いたい!という気持ちが起きたとき、それは人とのつながりを強く求めていることになります。

創ってしまった思い込みを乗り越えて、もう一度自分の人生を生きたいと深い深いところにある魂から湧き起る望みなんです。

それは自分の人生と向き合うことになりますね。

つまり、ネガティブな感情は私たちの「生きる意味」にも通じる大事なこと、つまり、運命の人という人生の一大プロジェクトにも関わっているということになるんです。

あなたがあなたという大切な自分と出会い、統合し、運命の人と人生を築いていけるように応援しています。

■≪音声付≫40代の女性がきちんと運命の人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です