イヴァルナのソウルメイトに出会えない10-白山比咩大神様に切れかけた縁を紡ぎなおされた日

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

ですので、最初からお読みいただいたほうがよいかなと思います。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

くくりのひめのみこと様の縁結び

さて今回は、ソウルメイトくんとお付き合いしてからのちょっとした面白いエピソードを紹介いたします。

ある土曜日の午後、「神様に呼ばれたから明日、金剱宮に行かない?」とソウルメイトくんから怪しげなメールが届きました。

「神さまに呼ばれたって、、、何それ??」と思い、それは一体どこななんだろうとグーグルで探してみました。

すると「あっ!先月お友達主催の日帰り旅行で行ったところだ!!」とびっくり(知りませんでした~~ごめんなさ~~~い^^;)
                                        
以前から、金剱宮のすぐそばにある白山比咩神社の神さまであられる、くくりひめのみこと様にお礼をさせていただきたいなと思っていました。

ですので、なんて素敵なタイミング!!とばかり、ソウルメイトくんとお隣の石川県へ行ってきました。
                                           
先月の日帰り旅行で白山比咩神社に行ったあの頃、修復不可能なほど私たちの関係は悪化していました。

ソウルメイト同士とはいえ、いいえ、ソウルメイトどうしであるがゆえ、お互い癖のあるもの同士だからかもしれません。

でも日帰り旅行から帰ってきて、その日のうちに仲直りし、一週間後に婚約となった経緯があります。
                                             
しかも、ソウルメイトくんと行った日に引いたおみくじには「再婚のご縁を大切にしなさい」と書かれていたのです。

私は思わず「え?ええっ???何このメッセージ?!どこからか見ておられるの??」と思わずキョロキョロしてしまいました。
                                          
ソウルメイトくんも「何でこのおみくじ引くかねー」と笑っていました。
                                               
くくりひめのみこと様は、縁結びの神様としてかなり有名な神社です。

お参りにいくと、たくさんの若い女の子たちが参拝している姿が目立ちます。
                                             
私は神社に参拝に行くとき、お願い事は基本的にはしません。

それは、ソウルメイトくんも同じ考えです。

「いつもありがとうございます。」だけを言っています。

でも日帰り旅行のあの日は、縁結びの神様ということもあり「(私にとって)正しい方向にお導きください」というお祈りをさせて頂きました。

あの当時、まだお付き合いをして日が浅く、自分のハートよりもいつの間にか「正しい、正しくない」を基準にしがちでした。

それゆえに、頭の中は混乱していた私は、どうしていいかがわからなかったのです。

ちなみに占い師としても活動していましたので、自分のことは分からないな~~と苦笑いするしかなかったです^^;

以前にもお話ししたのですが、彼といると感じたことのない温かい気持ちになることもあったので、それを怖がっていたのもあります。

だから神さまのお力をお借りすることにしました。

ソウルメイトくんとは喧嘩はよくします。

でもこの出来事を思い出すと、もう一度自分の気持ちに向き合おうと思うのです。

ときどき白山比咩神社に参拝にいきますが、参道をソウルメイトくんと手をつないで歩いていると、なんとも幸せな気持ちになります。

くくりのひめのみこと様にソウルメイトくんと感謝のお礼ができてよかったなと思います。

ちなみにくくりひめのみこと様は宇宙全体を司っていらっしゃる神様らしいです。

宇宙に応援されているならやっぱり頑張らないといけませんね^^

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない11へ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です