■自分の顔が嫌いで自分を愛せない

こんにちは^^中村まみです。

以前に自分の顔がブスで嫌いすぎて自分のことを好きになれませんという方がいらっしゃいました。

私からしたらとってもかわいらしい女性だったのにです。

さてこの場合、何か対策があるのでしょうか??

もちろんあります^^

これもちゃんとした潜在意識のメッセージなのです。

自分の顔がブスで嫌いと思っているときは、こんなことが考えられます。

心の中で常に人の顔をジャッジしているときです。

誰かの顔についてジャッジしているということを、潜在意識の一人称の法則でいうとどうなるでしょう?

「自分が自分の顔をジャッジしている」

となります。

「あの人、ブス~~~~」

「あの人、あの目小さい~~」

「あの服、ダサい~~~」

といっているときの「あの人」は潜在意識の法則でいうと、「自分」です。

なので

「私、ブス~~~~」

「私、目が小さい~~~」

「私の服、ダサい~~」

と自分で言っているのです。

自分で自分に言っているのですから、自分の顔がかわいくないってことが真実のようになってしまっているんですね。

もう一つ逆に

美人の方を妬ましいと思っているかどうかです。

「あの人、美人だから」

「いいな~~~」

とか、そんな気持ちがあるかどうかです。

先ずは自分にこんなふうにジャッジしているということに気づいていただけたらなと思います。

そうして

どんなときに自分がブスだと感じるのか?

どんな気持ちになるのか?

もし美人になる飴があったら食べるか?

そうやって少しずつ「自分がブスすぎる」という思いの裏にある本当の気持ちに気づいていきます。

そうやっていろいろみていくと、自分の気持ちがみえてきます。

小さいときに何か言われたからかもしれません。

小さなときに誰かと比べられたりしたのかもしれません。

顔だけじゃなくて色々なことで自分はダメだと思っているのかもしれません。

そういう心の声を聴いてみます。

本当は「自分の顔が嫌いだから自分を愛せない」のではなく「自分を愛せないから自分の顔がブスだと思っている」

そんなことも見えてくるかもしれません。

そうしたら

自分を愛せない心の中をみていくといいんですね。

自分を愛せないと悩んでいるのは、自分を愛したいからです。

自分を愛したい欲求がないなら、自分を愛せないと悩むことはありませんから。

私たちが日常で感じることは、すべて潜在意識とつながっています。

自分の顔がブスだから

学歴がないから

太っているから

だから自分を愛せないと顕在意識では思っていますが、それは表層の思いで、深いところにある潜在意識は全く別の思いを持っています。

その深い部分が顕在意識の思いをコントロールしてしまっています。

なので、自分の本当の声、潜在意識の深いところにある声に耳を傾けることが、「自分の顔が嫌いで愛せない」という思い込みを解放する大きな一歩なのです。


 icon-angle-double-right *音声付*40代の女性がきちんと運命の人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です