彼に怒りをぶつけ関係を壊してしまう

コントロールできない怒り

こんにちは^^中村まみです。

今日はご相談のへの回答をさせていただきます。

Mさまのご相談内容

そんなことしてはダメだってわかっているのに、彼に対して欲求がエスカレートしてしまいます。

ちゃんと連絡くれるように過度の要求したり

ありのままをみてほしいと強く思ったり

私の都合を最優先してほしいとわがままをいったり

こうゆう欲求が段々段々エスカレートしていって、彼が叶えてくれなかったら、コントロールできないほど怒りを爆発させてしまいます。

そうしていつも別れたり、距離を置かれたりを繰り返します。

私は幸せな恋愛ができるのでしょうか?

(30代 Mさま)


怒りの爆発はMさんの性格とはあまり関係がない

怒りをコントロールできなくて爆発させたり、彼に過度に欲求を突き付けてしまうのは、ご自身の性格とはあまり関係がありません。

ですので、ご自身の性格に問題があると感じる必要はないのです。

もちろん怒りっぽいなど多少はあるかもしれませんが、怒りのコントロールができないというのは性格の問題とは違います。

これはアダルトチルドレンの特徴ともいえます。

子ども時代に本来得るはずだった健全な愛情を十分に得られなかったことでこういう心の状態を引き起こします。

ただMさん自身はご両親にちゃんと愛されていたと感じています。

だとしたら、どうしてこういう状況になっているのでしょうか?

どんな愛情で育ってきた??

それは親から与えられた愛情が健全な愛かどうかなんですね。

健全な愛情ではなかったら、親が愛してくれているように感じても、子どもの心はうまく発育しません。

不健全な愛情は愛されているという感覚を育ててくれません。

例えばとても過干渉な親なのかもしれません。

兄弟といつも比べる親なのかもしれません。

お金だけ渡して、団らんのない食事が日常だったのかもしれません。

親は「あなたを愛しているからこそ」という言葉であなたの言動をコントロールするような日常だったのかもしれません。

こういう状態で育つと、ある種トラウマの状態になっているともいえるので、丁寧に感情を扱っていく必要があります。

どんな思い込みがあるのかは推測ではわからない

潜在意識にどんな思い込みができてしまったのかをきちんとみていくのです。

言うことをきかないと無視されたり、怒られたりしたことから「私は見捨てられる」という思い込みが出来ているのかもしれません。

あるいは、過干渉すぎて自分がやることなすことにダメ出しをされるとどんな思い込みができるでしょうか?

「私なんて何をやってもダメな人間」という思い込みかもしれません。

またコントロールが嫌だけど従わざるおえない状況が続くとこんな思い込みができるかもしれません。

「私は支配される弱い人間」or

「私は攻撃される人間」

もっともっと無数にありますので、Mさんがどんな思い込みをもっているかは分かりません。

私たちはたくさんの思い込みを持っていることが普通なので、私は絶対この思い込みを持っていると決めつけないでくださいね。

ネガティブな思い込みがあると?

それらのたくさんのネガティブな思い込みがあるとどうなるのでしょう?

自分が話しかけても彼から返事がないことを「無視された!!!」と傷ついてしまうかもしれません。

真実は聞こえなかっただけかも知れないのにです。

例えば、アダルトチルドレンではない人の反応は

「あれ?聞こえなかったのかな??」ともう一度大きな声で話しかけたり、身体をとんとんしたりして、彼が気がつくように促すだけです。

またある思い込みが刺激された場合「バカにされている!!!」と怒りマックスになったりもするかもしれません。

アダルトチルドレンじゃない人はやっぱりもう一度大きな声で話しかけたり、身体に触れたりして、彼が気づくように促すだけです。

地雷を踏み続けるとお互いにボロボロになる

怒りがマックスになってしまうのは、それだけMさんの思い込みが強く、その思い込みが地雷になってしまっているということです。

彼が踏んだら爆発して、彼も自分もくっちゃくちゃに傷つきます。(心がです)

そんなことを繰り返していたらものすご~~~~~~~く疲れると思います。

彼が嫌気がさすのはわかるかなと思います。

彼と愛ある関係を築きたいですよね?

ならばその地雷取り除いたほうがよいでしょう。

でもですね、この地雷、とても大切な意味があってMさんの潜在意識にあるんです。

下記の無料レッスンを受けて頂くと、自分の中の地雷がギフトだったとわかるようになりますよ。

もしよろしければ第1章のテキストを全部公開しておりますので、みてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です