イヴァルナのソウルメイトに出会えない2

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

ですので、最初からお読みいただいたほうがよいかなと思います。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

アダルトチルドレン特有の極度の寂しがりにきづかなかった

「魂か・・・」

「私たちって魂の存在なのか・・・」

「魂って成長するために肉体をもって、いろいろな困難を乗り越えていくのか・・・」

「じゃぁ辛い状況も自分で選んだことなんだ・・・父とのこともだろうか・・・?」

「だったら私の前世というのはなんだろう?この本の人に頼んでみたらわかるかな・・・?」

抑えられない魂の探求から「神との対話」をはじめとした精神世界や、心理学系の本を1ヶ月10冊以上を読んでいました。

そうしてうすぼんやりとみえてくる人生の断片をもっと知りたくて、自分の前世をリーディングしてもらうことにしました。

「それにしても、虐待されて亡くなる子やすぐに亡くなったり、理不尽な状況に追い込まれている人もそうなんかな??」

「世の中というのは、善と悪どっちなんだろう?どっちもありなのか??だったら魂も迷っちゃうよね・・・」

「う~ん、わからない・・・でも知りたい」

断片的に点として、知識は頭の中に無数に存在するのに、線で結びつかない・・・。

スピリチュアルな考えは私を救うこともあれば、混乱させることもあり、分からないことだらけでした。

でもきっと答えは必ずあるはずだと考えたのは、そこにしか生きる希望を見出せなかったからです。

この頃にはもうだいぶ私の精神は不安定で、心を振り子に例えるなら、針が振り切れるほど激しく左右に揺さぶられていました。

ウツ状態に陥っていたと思います。

そんな中で届いた「私の前世」は、明治時代に生きた頭の禿げたおじさんでした。

生活のために3歳のとき娘を舞妓の置屋に売っていました。

その女の子は舞妓としてかなりの人気を博したと記されていました。

そして私のスピリチュアルガイドはその娘ということでした。

私がその前世で注目したところは、3歳で娘を身売りに出したところでした。

私の父が家をを出ていったのは、ちょうど私が3歳のときでした。

魂は因果応報の法則で動いているということを学んでいた私は、こう考えました。

娘を捨てたことを今度は自分が娘として身をもって体験しているのではないか?と。

両親の離婚、特に父が私を全く愛してくれていないという想いは、耐え難いほど苦しく、父に激しい憎悪を抱いていました。

「父を許せるかな・・・」そう思った瞬間でした。

そして「自分の人生(カルマ)に責任をとりたいな」と思った瞬間でした。

でも人の心ってそう簡単には変化しません。

心は父を許したいと思いつつ、激しい憎悪も存在する複雑さで心がどうにかなりそうでした。

この心はどうしたらいいのか?

セプノや色々なセラピーをしてもなかなか楽になれませんでした。

自分の心をどうしていけばいいのか分からずに、しんどい身体に鞭打って、本やネットで情報を集め続けました。

でもある晩、精神科医の越智恵子先生の「インナーチャイルドの癒し」というCDを聞いたとき、私の心が初めて動きました。

寂しかったんだ・・・・

私、寂しかったんだ!!

知らなかった!!

ベットの上で枕を抱きながら転げまわるほど泣きじゃくり、そのまま眠ってしまいました。

そして朝、目覚めたとき・・・

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない3へ続く

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です