■愛に飢えているあなたへ~あなたの中にある運命の人との出会いの種~

こんにちは^^中村まみです。

ボーとしているとほっぺに当たる風の中に溶けそうなほど、景色と同化してしまっているかなと思います。

さて今日の本題です。

自分自身が恋愛依存かもしれない、でもやっぱり愛する人がそばにいてほしい!そうやって自分は愛に飢えている、そう自覚している人は、その自覚ゆえに苦しみも大きいと思います。

もしかしたらカウンセリングに通ったり、占いにはまったりそんなことを繰り返したりしているかもしれません。

でもやっぱり愛を求めてしまう。

そんな人の心の中を覗いてみると、「愛情が永続しないこと、自分を大切にしてくれる存在もいつかそこからいなくなるのではないかという恐怖感」を抱いていたりします。

愛情と呼ぶものの浮薄に心を痛め続けたことで、感情的に孤立する道を選んでいることが多いです。

愛を求めながら孤立を選んでいる。

そんな痛みが見え隠れします。

その痛みから立ち直る方法は一つだけです。

それでも他人の心に歩み寄ることだけなのです。

私たちは愛を求めているとき、常に受身で被害者の立場にいます。

完全な愛を与えてもらうことを待っているんです。

これ以上の犠牲は御免だとばかりに「自分を守ること」を最優先にしてしまっています。

もちろん無意識です。

確かにあなたが経験してきたことは、生きる気力を奪うほど辛いことだったかもしれません。

憎い相手を忘れることができないのかもしれません。

けれども人はまたあなたと同じように愛を求めているのです。

求めるがゆえにあなたを傷つけた結果をつくってしまったのかもしれません。

でも愛を求めるという受身でいるとき、そのことには気づかないのです。

「傷つけられた」という自分の想いだけしかわからないのです。

愛を求める想いは愛を求め続ける人生を創ってしまいます。

その状態のときそのループから抜け出すことは、難しくなってきます。

それはあなたの魂と呼応する運命の人もまた愛を求める人として現れるからです。

愛の求め合いは愛の奪い合いでしかなく、あなたの心の痛みが大きくなることはあっても、満たされることは少ないと思います。

だからもう一度、自分の中にある愛がどのように他人と関わっているのかを見つめ直す必要があるのです。

それは、あなたが愛を求めている状態ではできません。

愛とはなんなのかを知ろうという能動的な意志が必要です。

それは再び傷つくかもしれない領域に足を踏む入れるとても勇気のいることです。

けれども「愛を知りたい」「愛され守られることの本当の意味を知りたい」と願うことが、あなたがこの愛を求めながら愛を拒絶するという奇妙な図式から抜け出すプロセスになります。

もしもずっと運命の人に出会えないと嘆いているなら、あなたの中にある運命の人との出会いの種(愛と関わろうとする気持ち)を育てる意志をもつことを決めてくださいね。

■≪音声付≫運命に人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です