自分を愛するということ

自分を愛する

こんにちは^^中村まみです。

自分を愛するってどうすればいいのかわかりません。

自分のことを愛するなんてできません。

そういう方ってとっても多いですし、私自身もそうで、長~~~~~~い間、分からずに途方に暮れていた時期もあります。

自分を愛することってちょっと勘違いされているのかもしれません。

今日は自分を愛する、そんなテーマにしてみたいかなと思います。

自分を愛するって自分を好きになることだと思っていた

 icon-quote-left 

自分を愛する、自己愛というのは自分を好きになる事だと勘違いしていて、つい最近になって、嫌いな部分も含めてただただ認めてあげることなんだと気付きました。

 icon-quote-right 


クライアントさんからのメールの中にこんな感想をいただきました。

そうそうそうなんです!!

自分を愛するって、自分を大好き!となることではなく、そこにいてもいいよ、と嫌いな部分も含めてただ存在を肯定してあげることなんです。

もちろん「自分のことが好きだな」という気持ちがあることは、すごくいいことなんです!

でも「自分のことを好きだと感じる気持ちがわかない・・・」ということで悩むことは、「自分を愛する」ということを勘違いしている、ということを知って頂きたいなと思っています。

傲慢さやわがままさに感動してみる

クライアントさんにはいつもお伝えすることがあります。(すぐに忘れられちゃうことが多いのですが、、、^^)

 icon-quote-left 

なんで会ってくれないの、わかってくれないの、なんとかしてあげたいのにという思いを持っていることに気付きました。

そんなときはどうしたらいいですか?

 icon-quote-right 


こういうふうに自分の考えの嫌な部分に気づいたときは・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「わぁお!!!!そうだったんだ~~~!!!!」

「へぇ~~~~そうなんだ!!!」

感動してみてください(^w^)

すっごい傲慢さやわがままさがでてきても楽しそうに(←ここがポイント!!)「わぁお!!!!!」と聞いてあげてくださいませ。

超きままなワンコやニャンコな自分だと思って

ワンコやニャンコが好きだったらイメージしやすいのですが、超きままなワンコやニャンコでもかわいいですよね。

「この仔、なんちゅーわがままなの~~~~」と思っても、「もう仕方がないんだから~~~(^^;)」と思うと思います。

自分の嫌な部分に遭遇しても、同じような反応をしてみてください。

ワンコやニャンコにできるのなら、自分にだってそういう優しい反応をしてあげることをしたっていいと思いませんか。

優しい反応ができないのなら

それもまた良し!なんです。

優しい反応ができないのも「もう仕方がないんだから~~~~(^^;)」と反応してみたください。

それでもできないのなら、、、?

それもまた良し!なんです。

優しい反応をすることが重要なのではなく、優しい反応ができないこともただただその存在を肯定してあげることなんです。

自分を愛するとは?

自分を愛する、自己愛というのは自分を好きになる事だと勘違いしていて、つい最近になって、嫌いな部分も含めてただただ認めてあげることなんだと気付きました。

これだけなんです。

「わぁお!!!!そうだったんだ~~~!!!!」

「へぇ~~~~そうなんだ!!!」とただ感じてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です