やさしく勇気あるアダルトチルドレンの魂

勇気ある魂であるアダルトチルドレン

こんにちは^^中村まみ

昨今「魂」「スピリチュアル」という言葉に違和感が少なくなっているこの時代の空気を感じています。

多くの方々の意識が変わってきたんだなとしみじみ思います。

今日のテーマは機能不全に生まれたやさしく勇気あるアダルトチルドレンの魂の役割についてお伝えします。

こんな家に生まれなければよかった、、、

こんな家に生まれなければよかった、、、

こんな家族なんていらない、、、

と、アダルトチルドレンのあなたは自分のことを誇れないかもしれません。

むしろ惨めに感じていることが多いかもしれません。

けれども魂レベルでみると、あなたは機能不全の家庭で育つことを選んだ勇気ある魂なのです。

アダルトチルドレンの心の状態が少しずつでも回復すれば、そのことが頭ではなく心で理解することが必ずできるようになります。

あなたの苦しみは使命の遂行のため

アダルトチルドレンという心の状態の原因となったあなたの家庭や家族は、あなたが苦しむために存在するものではありません。

あなたの魂の目的を遂行するために絶対に必要だったのです。

非二元(ノンデュアリティ)の気づきの意識を深めていくうちに、段々と理解していったことがたくさんあります。

まるで啓示が降りてくるかのように、、、。

その啓示の中で輪廻する魂には最終的な目的があり、私たちは途中経過として道を通らなければならないということなのです。

その道なりに、アダルトチルドレンの心の状態を持つことが含まれています。

輪廻する魂の目的を3つ挙げてみると

1.様々な経験を通して自分が何者であるかを知るため

私たちは自分がなんであるのかという自己を忘れてしまっています。

アダルトチルドレンという苦しみを持っていること自体、自己を忘れてしまっているのです。

自己を忘れてしまうという深い深い眠りから目覚めるために、多くの刺激が必要だったりします。

その刺激の一つがアダルトチルドレンという苦しみなのです。

自分の能力を磨くため

人には必ず何かしらの能力があります。

私も長~~~~~い間、自分に何かの能力があるなんて分かりませんでした。

自分には何もないと思っていました。

でもこうやって文章を書いているそのものが能力だということに最近気がつきました。

それはプロのライターさんから文章を褒められたり、web雑誌に記事を掲載することができたりしているからです。

しんどいこともあるけれど、伸ばしていきたいなと思います。

そしてその能力を伸ばした先にはきっとまた違う展開があるのだろうなと感じます。

自分で自分のことが分からないだけで、あなたにも必ずあります。

クライアントさんの中にも今の場所が自分の能力をとても生かせる場所だったことがわかり、自分探しが終了した方もいらっしゃいます。

また、無理だと思っていた資格に合格して、その資格を活かすために経験を積んでいるクライアントさんもいらっしゃいます。

家族を救うため

「家族を救うため」

これは自分を犠牲にするということではありません。

自分の幸せを選択した結果、形式上、家族を捨てることになったとしても、家族を救ったことになります。

ここ大事ポイントです!

自分の幸せを選択した結果、形式上、家族を捨てることになったとしても、家族を救ったことになるのです。

表面ではいくらでも憎まれているかもしれませんが、魂的には家族の魂を救っています。

それが輪廻する魂の役割なのです。

ですので、あなたは幸せになる勇気をもってください。

あなたは勇気ある魂なので必ずできます。

勇気ある魂であることは必ず思い出せる

今は心の傷に翻弄されていて気づけないかもしれません。

けれども、アダルトチルドレンという心の状態の原因となった家庭や家族はあなたを苦しめるためのものではありません。

その苦しみは、あなたのやさしく勇気ある魂の目的を遂行するために必要な負荷(圧)です。

今は自分のことを誇れずみじめに感じているかもしれません。

でもですね、心の傷が回復してくれば必ず機能不全で育ってきたからこそ、それが自分へのギフトだと理解しはじめます。

そうなると、今は隠れているあなたの能力も顔を出していきます。

少しの時間だけでも魂を感じてみて

今は心から思えなくていいので、自分の魂はやさしさと勇気でできているのかもしれないと、考える時間をもってみてください。

1日に1回でもいい、3日に1回でもいいです。

魂を感じようとすると魂は必ず応えてくれます。

それがあなたの本当の姿なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です