好きになる人には必ず相手がいる、、、

パートナーが出来ないメリット

こんにちは^^中村まみです。

「私が好きになる人はすでに相手がいて、好かれるのは変な人ばかりなんです。」

「このままずっと自分は良い相手と巡り合うことはできないのかなと落ち込みます。」

こうした言葉を本当に良くお聞きます。

そうしたとき、その次にする行動は何かというと占いに行って、恋愛運をみてもらったりします。

そして、どうして周りに素敵な男性がいないのかを占い師に聞いたりするかもしれません。

あるいは、仲の良いお友達に愚痴っちゃうことをしているかもしれません。

もしかしたら、一人部屋で溜息をついて憂鬱になっているかもしれません。

もしも思い当たるのなら、この状況から脱して本当の愛を手に入れましょうと今日はお伝えしたいのです。

好きになる人には必ず相手がいる状況から脱するために

あなたは「もちろんそうしたいわよ!!」という思ったと思います。

もちろん大丈夫です!

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩進むことが出来るようになります。

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩も三歩も進んで打破することができるようになります。

ただ、、、少~~~しだけ覚悟がいります。

好きになる人には相手がいる状況を望んでいる自分がいる

好きになる人には必ず相手がいて、変な人ばかりに好かれるというとき、それは必ずあなたの思いにあなたの現実が呼応しています。

もっとストレートに言うとそれを望んでいるということです。

潜在意識の中にあるメリット

好きになる人には必ず相手がいることが分かったとき、「やっぱり彼女がいる」「やっぱり奥さんがいる」という言葉が出てきませんか?

「やっぱり〇〇」という「やっぱり」という言葉が出てきませんか?

「やっぱり」って過去にも幾度となく経験したから出てくる言葉ですが、いつから経験していたのでしょうか?

おそらく気がついたときには言っていたことに気づくかもしれません。

この「やっぱり」という言葉が曲者なんです。

私たちを特定の事柄以外の可能性を考える隙を与えないエゴの強力な洗脳のようなものだからです。

けれども、そうやって洗脳されてしまうの原因というのは必ずあります。

それは「「メリット(利得)」です。

好きになる人には必ず相手がいる状況が繰り返し起こるとき、そこにあなただけのメリットがあります。

パートナーシップは心の痛みが丸裸になる

例えばそのメリットというのは、パートナーシップは自分の心の痛いところをついてくることが多々あります。

そのことは潜在意識が知っているので、自分の痛いところが暴露されないようにあなたを守っているのかもしれません。

その痛いところというのは、「本当の私を知ってしまったら人は離れていく」という思い込みかもしれません。

アダルトチルドレンの方なら失恋の痛みは絶望するほどの痛みを伴う方もいらっしゃいます。

ですので、あの失恋の痛みを味わうのであれば、最初からパートナーはいらないと無意識で思っている可能性もあります。

そういった自分を守るメリットがある、このことを認めなければいけない覚悟がいります。

好きになる人には必ず相手がいる状況から脱したいなら

先ほど好きになる人には必ず相手がいる状況から脱したいなら少し覚悟がいると申し上げました。

それはわからなくても自分の中に好きになる人には必ず相手がいる状況を生み出しているメリットがあるんだなと自覚することなんです。

あなたは認めたくないかもしれないその自覚が必ずできます。

そして好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩進むことが出来るようになります。

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩も三歩も進んで打破することができるようになります。

自分自身に尋ねる習慣を

好きになる人には必ず相手がいる現実から一歩も二歩も三歩も進んで打破するためには、そのメリットをみつけていかなくてはいけません。

その第一歩として、占い師などの外側に答えを求めるのではなく、自分の潜在意識に尋ねてみてください。

「好きになる人には必ず相手がいる私のメリットは何だろう?」と。

ほんの少しでもいいので意識を自分にフォーカスしてください。

潜在意識は私たちのために働いてくれます。

答えはすぐにやってこなくても必ずその答えを差し出してくれるんです。

アダルトチルドレンが最大の魅力になり、運命の人に出会える無料メールレッスンでも潜在意識の声の聴き方を公開しています。

もしよければ試してみて下さいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です