彼との曖昧な関係に疲れたときは??

彼との付き合いの不安が解消

こんにちは^^中村まみです。

彼との関係で私たちって「友達」「恋人」どっちなんだろう?

そんな関係で悩んでいらっしゃる方も多いなと思います。

この関係って女性にとってはとても疲れる関係だと思っています。

愛されていない気持ちになりますし、自分の存在がどうでもよくみられているのではないかと、落ち込んでしまいますから。

でもね、こんな場合でも主導権を自分に戻すことは、全然可能なんです。

彼との曖昧な関係を成立させているあなたの思い込み

主導権を戻せないのなら、それはあなたの心の中にある何かがそうさせていることを示しています。

そして潜在意識は、それに向き合う必要があるということをその出来事を通して教えてくれています。

潜在意識のメッセージともいえますね。

主導権を戻すといのは、関係をはっきりしたいことをきちんと彼に言えるかどうかです。

曖昧な関係が悪いわけではない

もし、関係があいまいでもいいというのなら、それはそれでOKです。

彼と会える時間を楽しむことを大切にしていれば、OKです。

その関係に答えがないことを恥ずかしがる必要もありません。

ただ、ふつふつと怒りが沸いてきたり、悲しい気持ちになるなら、本当はあいまいな関係が嫌だけど我慢しています。

それは自分の心に嘘をついているので、主導権を持っていることにはなりません。

曖昧な関係が悪いのではなく、あなたが苦しんでいることが問題なのです。

怖くて彼に話ができないのは?

関係をはっきりさせたいことを話すべきなのに、怖くて話せないから苦しんでいるはずです。

その恐怖もまた、彼との関係から浮き彫りになる自分の心(潜在意識)の思い込みが作用しています。

ここをきちんと見つめていかないと、彼が自分よりも上という恋愛のパワーゲームからは降りれません。

あなたはどうしたいのでしょうか?

これに正直に答えてください。

「愛と信頼の関係を築いていきたい」

そう答えが出たのなら、きっとできます。

そして曖昧な関係に終止符を打てます。

曖昧な関係に終止符を打つことは自分を愛すること

関係をはっきりさせたいことを話すべきなのに、怖くて話せないといっているとき、自分自身をないがしろにしています。

自分を愛するという行為は、簡単なようでかなり難しいなと思うかもしれません。

そうなんです、勇気がいる、という部分では難しく感じることがあるかもしれません。

でも一つだけ確実に言えることがあります。

自己愛はあなたを幸せにしかしない

自己愛はあなたを幸せにしかしないという真実です。

それが彼と別れる、彼と恋人になれる、どっちであろうともあなたは幸せだと感じます。

これが自己愛が最強だと言われる証です。

ゆるぎない幸せを手に入れたあなたが、「愛と信頼の関係を築く」ことができないわけがありません。

自分の思う通りの幸せを掴むことができます。

もちろん、彼との関係がそうなることは十分に有り得ます。

それが自己愛がもたらず、あなたの世界の真実なんです。

最強の自己愛で、自分の思う通りの幸せな関係を築きたい方はこちらもどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です