■婚活と運命の人との関係とは?-疲れたならやめてみよう

こんにちは^^中村まみです。

たくさんの出会いを求めることは自分の色々な価値観や自分の器を広げる上でとっても役に立つのでよいことだと思います。

でも

なんだか疲れてきた・・・・

本当は行きたくないけど、行かなくちゃおいてかれる・・・

次こそはいい人がいるかもしれないから・・・

と自分を叱咤しながら行っているのであれば、行かないほうが運命の人に出会う率がグンと高まります。

疲れている、行きたくないって思っているの気持ちは、私たちが普段意識ができる感情ですが、そのもっと心の深いところにある意識(潜在意識)が、行かないほうがいいよって訴えている可能性がとても高いです。

それは自分の本当の問題に目を背けているからということ。

人と会うのはとても刺激があります。

だから自分の気持ちをごまかすこともできたりするわけです。

例えば失恋したときなんかは友達と会っていると気持ちがまぎれます。

あんな感じです。

時には、気分転換に友達と話をしたり、映画をみたりすることは気持ちを健やかにさせるために大切なことです。

でもそれがある程度終ったら、ちょっとだけ振り返ってみることって大切なのです。

男女の出会いって、どんな出会いにもかならず意味があります。

もちろんワンナイトラブでもです。

もしも、本当の愛に出会いたいなと感じるなら、今までの出会いに感謝して手放す儀式をすることで、すっごくすっごく自分の出会い力が高まる。

これは魂にエネルギーをチャージすることでもあります。

それはある程度時間がいることなので、休みのたびに婚活や合コンにいっていたら、なかなかできないと思います。

「疲れたー、行く気がおきない」っていうのは、「そこには運命の人はいませんよー」とイコールです。

私たちの潜在意識は未来のことなどなんでも知っているので、そこにはいないんだから、ちょっとは休めば??という感じで訴えてきます。

それが、行く気がないな~という思いになったりします。

ただね、私たちはそんな声を無視して結局は行ってしまう。

「行かなきゃおいてかれるよ~」

「友だちがいい人ゲットできたらどうするの~」

そんなふうに感じたらすっごく不安になりませんか??

この怖れの感情が私たちが本当に大切にしなくちゃいけない魂の声を無視させます。

だから何かをやめるのは勇気がとてもいることなんです。

運命の人に出会うには条件がいりませんが、この問題はクリアしないとダメなときは出会うのが難しいです。

なぜなら自分が何かの条件を握りしめているから、深いところでこの問題を見て見ぬふりをしているということが起こっているからです。

足かせになっている、そんな感じでしょうか。

今までの恋愛に向き合うのも、心の深い深いところで握りしめている問題がわかるから。

感謝するのは、「もうその問題はいりません!ありがとう!私を成長させてくれて!!」とその問題とさよならするため。

でも人って変化することはやっぱり怖い。

それはすっごく理解できます。

だからこそ、運命の人と出会いたいのか、出会いたくないのかを決めることってとっても大事です。

本当のところ、運命の人に出会う運命を動かすのは、自分の意志、これはとてもとても大きいものです。

■≪音声付≫運命に人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です