■正直になったとき運命の人はひょっこり出てくる-一人でいることが平気だと言っているその心は本心?-

こんにちは^^中村まみです。

「一人でいるのは楽しいので恋人はいりません。」

「忙しいから恋人を作っている時間なんてありません。(だからいりません)」

「あまり寂しさを感じないので・・・」

そんなことをお聞きしたりしますが、本当にそれ本心でしょうか?

確かに一人の時間を充実させると恋人ができる確率は驚くほど高くなります。

占いで恋人ができない相談をしたら「自分の好きなことをしたり、趣味を充実させるといいよ」と言われませんか?

あれはこういう意図があるからです。

ただそれは本心からじゃないと、余計に孤独感は深まり、辛くなります。

だってそれは自分に嘘をついているから。

でももしかしたら、自分の今の状態が本当に自分でいいと思っているのか分からない、自分の本心がわからないと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

私たちは様々なCMや雑誌などで、結婚適齢期やこうあるべきなどの世間の価値観が刷り込まれています。

なので、いつの間にかそこから外れると、それがすごくダメなことのように感じてしまいます。

35歳独身女性が結婚する確率は1%以下なんていう記事もありますし、周りが結婚出産していたら、自分はいいのか?と考えてしまうことがあるのは当然でしょう。

そんなことを見聞きしたりすると、不安にならないほうがおかしいかもしれませんね。

そんなふうに自分の気持ちが分からなくなったとき、一番の目安にしたらいいのは、周りの人に対する気持ちです。

とくに結婚する友達に対する気持ちとか、SNSで友達の幸せそうな家族の様子などをみたときに、「よかったな~~と」素直に思えている自分がいるかどうかは大きなポイントです。

「なんかモヤモヤする・・・」

「惨めな気持ちになる・・・」

そんな気持ちになっているのなら、一人でいることは本当は寂しいのかもしれません。

独りぼっちの自分は嫌でずっとずっと隠してきたのかもしれません。

だから「平気!」と自分に言い聞かせているうちに、自分の本心がわからなくなったのかもしれません。

自分の気持ちに蓋をしてしまうことはよくあるので悪くもなんでもないのですが、自分の気持ちに嘘をついているその状態というのは、心にとってはしんどいものです。

でも惨めな自分、かっこよくもない自分が今の自分なら、そここそが運命の人に出会う入口でもあります。

苦悩している自分、失敗した自分、コンプレックスの自分・・・

私たちはそんな自分がダメだと思っていますが、本当にそれはダメで悪いことなのでしょうか?

よ~くよ~く感じてください。

それのどこが悪いのでしょう?

確かに自分の惨めさをみることは、ちと辛いです。

他者に対する傲慢さがでてきたりすると、そんな醜い心はみたくないと、顔が歪みます。

でもそれはすべての人が持っている、心の一つの側面でしかありません。

真のあなたではありません。

だからそんなのは、運命の人と出会う妨げにはならないのです。

妨げになっているのは、それに目を背けていることにあります。

なぜなら、そこに目を背けている(逃げている)限り、前に進むことはできず、グルグルと同じところをまわっていることと同じだからです。

それは「新しい記憶で生きるとき運命の人のいる次元にワープする-マトリックスの中にいる私たち-」でも書いています。

運命の人=あなたです。

なので、あなたが正直になったとき(自分の嫌なところを受け入れたとき)、運命の人ももう逃げなくていいんだ~~~と、安堵の表情でひょっこりでてくることができるのです。

■≪音声付≫運命に人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です