イヴァルナのソウルメイトに出会えない17

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

ですので、最初からお読みいただいたほうがよいかなと思います。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

完璧さの中にいるソウルメイト

なんだかから壮大になりすぎてしまったかもしれません^^;

この感覚が育つとソウルメイトの秘密やどうして自分を大事にすることがソウルメイトとの出会いにつながるのかが感覚でわかってきますよ。

ちょっと頭がこんがらがるかもしれませんが、あなたの感性で読んで頂ければなと思います。

常識では図れない壮大なプログラムの中に存在するのが「あなた」でもあり「ソウルメイト」でもあります。

常識や今までの物事の見方を外すと少しずつ本当のことがわかってきます。

すべては影響し合っててすべてが流れてて、本当は神も宇宙も存在しないけど、やっぱり存在しているという矛盾があります。

秩序が絶妙なバランスで織りなす世界に私たちがいるのはある側面からみると、素晴らしいギフトなのかもしれません。

もし本当に神も宇宙も存在しないなら、神社仏閣は存在しないのかもしれません。

一本の美しい絹糸、それがあなたなのかもしれません。

その一本が一反の美しい織物(世界)を創りあげているのかもしれません。

他の一本の美しい絹糸は、嫌いなあの人かもしれません。

もう一本はあなたの運命の人と呼ばれる人かもしれません。

すべての人がその織物の一部だと仮定してみましょう。

あなたもあの人もこの人も運命の人も近所のおじちゃんもお父さんも、あなたの一部です。

逆にあなたはその方々の一部です。

そうだとしたら、誰かを大切にしないことは、何を意味しているのでしょうか?

あなたの愛してやまないソウルメイトに出会いたいなら、どうするべきでしょうか?

ソウルメイトと呼ばれる人から大切にされたいなら、どうするのが一番いいでしょうか?

考えてみてください。

私が神さまに叱られるとき、自分自身の気持ちがささくれだっているのがわかります。

自分自身の気持ちに気づいてあげていないことがわかります。

そして自分自身を見つめるしかないなということがわかります。

「結局自分」に戻っているのです。

いろいろとゴチャゴチャとソウルメイトくんのことを考えても家族のことを考えても「自分をみつめる」それしか方法がありません。

もし色々な出会いを一生懸命追いかけても、誰にも出会えないなら、グルグルと空回りしている感じがすると思います。

あなたは美しい織物の一部です。

どこで輝くかはある意味その秩序に決められています。

でも遠くから見渡すとそれは美しい織物です。

完璧な織物なのです。

その完璧さの中にいる「私」「あなた」「ソウルメイト」・・・

その完璧さを信じてその美しい糸に誇りをもってください。

それが委ねるということでもあり、生きるということでもあり、ソウルメイトに対して持つ正しい想いだと思います。

 icon-external-link 「イヴァルナのソウルメイトに出会えない その18」へ続く。

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です