イヴァルナのソウルメイトに出会えない8

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

ですので、最初からお読みいただいたほうがよいかなと思います。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

使命への流れ

知り合いというのも前職のときに少しだけ仕事で関わっていた人でした。

関わりがあるといっても、本当に事務的な関わりのみでした。

特に仲が良いわけではなく、むしろ私自身はあまり好かれているとはいえない関係だと思っていたのです。

異動者や退職者の名簿が職場内専用ネットワークに掲載され、辞める数日前に職場で偶然声をかけられました。

そのときに少し話をしていた、私にはその程度の認識でした。

話の内容として、趣味で占星術とかタロットとかをしていることを話していました。

そのご縁がきっかけで、「イベントを主催している友人がいるから出てみませんか?」という内容のメールでした。

先ほども言いましたが、私はその知り合いには好かれていないと思っていたのす。

ですので、好意的に接してくれるその知り合いには、後ろめたさがありました。

どうして好かれていないと思っていたのかというと、その仕事にいたとき私自身がとても嫌な奴だったからです^^;

ストレスフルで自分自身がいっぱいいっぱいだったというのもありますが、すごく傲慢で、自己中で嫌な奴でした。

ただ私の心の中ではどうして自分がこうなっているのかが分からず、すごく苦しんでいたのも事実でした。

自分自身、やさしい人間でありたいとか、人に対して平等に接することができる人間でありたいとか、そういう想いは強くありました。

でもそれに反して、自分の心はどんどんどんどん嫌な奴になっていったのです。

それも私のすごく苦しい悩みでした。

「こんな人間になりたくて、がんばったわけじゃないのに・・・」そんな想いが心の中を大きく占めていました。

そしてある決定的な出来事があり、私は仕事を辞めることを決めたのです。

そんな経緯があり、その方からメールが届いたことも驚きましたが、そうやって誘ってくださったことも大きな驚きでした。

しかも退職してから数ヶ月もたっていたので、私のことを思い出してくださったことがとても嬉しかったのを覚えています。

心も体もあまりよい状態とは言えませんでしたが、私はそのイベントに参加することにしたのです。

イベントの主催者の方からの打ち合わせのメールを頂くと、少し自分自身が癒されるような感覚がありました。

何か新しいことが始まる・・・しかもそれは私が望んでいたスピリチュアルな分野で・・・

でもとてもとても不安でした。

心もグラグラだったし、占いを趣味にしていましたが、あまりというか、ほとんど信じていませんでしたから(それを占いをする人間が言うのか・・・^^;)。

そしてイベント当日になりました。

私はタロット占いをするということで出展していたのですが、とても不思議なことが起こったのです。

自分でも「え?何??何なの?!」と戸惑いながらもその道ができていくような、そんな感じでした。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない9へ続く


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です