■2ヶ月後に運命の人と出会う

こんにちは^^中村まみです。

「すっごいスピードでしたね?」

「自分でもそう思います。一緒にいると安心できるんです。」

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

男性を見る目がない・・・

情けない・・・

腹が立つ・・・

そんな気持ちはもうやめることにして、自分の気持ちが平和になることを願い、やっていた資格の勉強に力を入れたとたん、スルスルと誠実で昔からずっと一緒にいたように感じるほど安心感のある男性に出会えたそうです。

「許すことに決めました。」というのは、なんだか上から目線ぽい言い方ですが、そういう気持ちではなく、「気にしないほうが自分の心が平和になる」ということを感じ、自分の気持ちを大切にし始めたということです。

そして誰かの助けになりたいなと、狙っていた難関の資格に力を入れたということでした。

運命の人に出会う方法というのは、はっきりいって存在しません。

でも自分が幸せになるための黄金的なルールはこの世界に存在します。

運命の人もあなたの幸せの一部です。

なので、この黄金的なルールを活用してみてください。

基本ルールは一つだけ。

自分の想いを大切にしていくことだけです。

この方は、「平和に過ごしたい」という想いを大切にすることを選んだということです。

いろいろと葛藤はありましたが、「平和に過ごしたい」という想いを大切にしていくことを決めたということなんです。

自分を大切にしていくって何も特別なことではないのです。

大好きなスィーツを食べることや、素敵なお洋服を買うことなども自分を大切にしていくツールではありますが、この自分の想いを大切にするというのは、自分を愛する行為の大事な基礎の基礎のです。

もしあなたが「この人だからできたんだよー」という思いがあるならば、それは勝手に自分自身を諦めている頭の中の声です。

「この人だからできたことで私はできない、それ本当ですか??」

「どうしてそう思うのでしょうか??」

ずっとその自分の可能性を勝手に諦めてしまう頭の声を信じていたことに気がつけると素敵です。

この声に翻弄されているのはあなただけではありません。

あなたからみてすごく輝いてみえる女性も自信がなくなってしまうことはすごく多いのです。

そして私も、です。

「自分だけが・・・」というのは、誰でももっている思考だからです。

だから「自分だけが・・・」と思ってしまってもいいんです。

でもそれは本当のあなたの声じゃないことに気がついてください。

この「自分だけが・・・」というのは、被害者の意識と呼ばれる意識で、私も含めすべからくほとんどの人間がもっているのですが、被害者の意識でいると「楽」ができるんです。

楽ができるというのは

「自分だけが・・・」という言い訳で、自分で行動を起こさなくてもいいというメリットがあります。

そしたら責任をとらなくてもいいですしね。

もしがんばってやってみてもやっぱりダメだったというのは、とても辛い気持ちなりますから、人間てそれはすんごく怖くて味わいたくない感情なんです。

だから、「自分だけが・・・」という言葉で逃げているということはあるんです。

自分自身の可能性を勝手に諦めることで、その怖い感情を味わってしまうかもしれないことを回避している、ということです。

なので、自分の可能性を信じるってとっても勇気がいることです。

失敗したっていいって思うことって自分への信頼がないとできないことです。

心をみつめてどんなに自己肯定感を上げても、最終的に自信が持てるのは、その怖い状況に進んでいったときだけです。

最初からすごいことはしなくていいです。

彼の気持ちをあれこれ考えるのではなく、自分の心が平和になることを大切にしてくださいね。

■≪音声付≫運命に人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です