誰もが運命の人と結ばれる鍵を持っている!猫仙人とバリキャリ明美のスピリチュアルレッスン1

明美が自分の幸せを取り戻していく過程を通して

「自分を愛すること」

「自分を見つめること」

というのはどんなことなのか、少しでも身近に感じていただけたらなと思っています^^

出世

「高畠課長!!今度始まるプロジェクトのことでご相談したいのですが・・・」

と部下の中村が言ってきました。

入社5年目の中村幸雄は若手の中では期待されていている人材です。

今回始まるイタリアとのプロジェクトのリーダーに抜擢されています。

「これが成功すれば、中村くんは確実に係長にはなるだろうな・・・。」と明美は心の中で思っていました。

時計にチラッと目をやり「いいわよ。でもあと30分ほど待ってもらえる??」と言うと、パソコンの画面に目を落とし、カタカタとキーボードを叩き始めました。

「わかりました!!!」

と元気いっぱいに返事した中村のその声は、人が2/3はいなくなっているフロアーに響き渡りました。

すでに時計は20時を回っています。

自分の腕時計を見て、そそくさと帰る準備をする人も多くなっているのを目にした明美は、自分も帰りたいなと思いながら、片付かない仕事を放り出すわけにもいかないなと思い、ちょっと溜息をついてしまいました。

「私が中村くんと同じ年のころは、まだコピーを取っていたり、お茶を入れたりしていたなぁ・・・。確かに私は同期の中で出世しているほうだけど、プラベートも何もかも犠牲にしてきたんだから当たり前じゃない。同期の竹下部長は男だから・・・。」

そんなことを考えていた明美は、ちょっと胸にモヤモヤする感覚を感じて「いけないいけない!!」と小さく頭を左右に振ると、またパソコンに目を落としました。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「中村くん、相談したいことって何??」

中村は山ほどの資料を持って机にやって来ってきたかと思と、若さ爆発!というくらい猛烈な勢いで説明を始めました。

「中村くんの説明は分かりやすいね。」

そういうと、中村の顔がパァーと明るくなります。

自分が考えうるかぎりのアドバイスをしたあと、もう一度自分の仕事に戻り、帰ろうと思ったときには、22時40分を少しまわっていました。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「あ、ない!!たけのこの里がないっっっっ!!」

帰りに行くいつものコンビニに寄ると、大好きなたけのこの里が売り切れになっています。

「どうして???きのこの山じゃ駄目なのよ!!」

と心の中で叫びましたが、その叫びは誰にも届きません。

仕方なく隣にあるきのこの山とビール、おにぎりを入れてレジに向かいます。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「はぁ足がパンパン!!パンプスが脱ぎずらいなぁ・・・もうっ!」

夕方になるとむくむ足をさすりながら、リビングの椅子に座ると、コンビニの袋からきのこの山を取り出し、2つ口に頬張ると、明美はなんだか残念な気持ちになりました。

「たけのこの里のあのしっとりしたビスケットの感触がいいのに・・・・」

まだそんなことにこだわっている自分がなんだか小さく見えて、ちょっと惨めでどんよりとした気分が疲れに追い打ちをかけます。

「疲れたな・・・」

時計はもうすぐ12時を指すところです。

「もうすぐ明日じゃん・・・。あと7時間も眠れないな・・・」

珍しく気持ちが上向きにならないと感じながら、明美はビールとおにぎりを食べ、お風呂に入る準備をしました。

・・・

・・・

・・・

 icon-external-link 誰もが運命の人と結ばれる鍵を持っている!猫仙人とバリキャリ明美のスピリチュアルレッスン2に続く

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です