■誰もが運命の人と結ばれる鍵を持っている!~猫仙人とバリキャリ明美のスピリチュアルレッスン その12~

明美が自分の幸せを取り戻していく過程を通して、自分を愛することや自分を見つめることってどんなことなのか、少しでも身近に感じていただけたらなと思っています^^

「誰もが運命の人と結ばれる鍵を持っている!~猫仙人とバリキャリ明美のスピリチュアルレッスン その1~」

**************************************************************************************
明美は塩水につけておいたアサリの水を切り、お味噌汁をつくっています。

ルナと自分の分のお惣菜を器に盛り、お魚を焼き始めました。

「料理なんて久しぶりだわー、、、うまくできるかしら???」

とほん○しを握りしめ、お味噌汁を作ることとお魚を焼くことが上手にできるかとても心配している明美です。

「ちょっとだけカマスの皮がはぐれてしまったけど、うんうんうまくできた!!」と独り言をいいながら、お気に入りの和食器に魚をのせ、食卓にならべました。

「ルナはまだ寝ているのかな?」と思いながらソファに行くと、アンモナイトのように丸~~~くなっていましたが、うっすらと目を開けています。

「ルナ、ご飯食べる??」というと、ゆっくりと身体を起こしながら、本物の猫のように舌で全身のグルーミングを丁寧にし始めました。

「ご飯冷めちゃうよ!」と明美が言うと、チラッと明美をみました。

そしてプィっと顔をテーブルのある方向に向けると、お尻をフリフリして歩いていったと思ったら、テーブルに飛び乗ります。

ツンデレ女王復活のようです、、、。

「ちょ、ちょっと!なんで猫のまんまなの?!」と明美がびっくりしながら言うと、

「今日は疲れているから、この姿のまんまでいるわ」とルナ。

「・・・・・そうなの??わかったけど、ご飯どうする??」という言葉に

「今は猫だから人間のものは食べれないわ、カマスだけ頂戴!」とカマスの匂いをクンクン嗅ぎながら、出来立てのその香しい匂いに目を細め、うっとりとしています。

「まぁ、、、、いいけど、、、じゃぁいただきますだよね?、、、」と明美が言うと、ルナはカマスにかぶりつきました。

ガシガシ食べるのでテーブルの上にカマスの身が細かく散乱します。

「猫って食べ方汚いんだよね・・・、ルナは半分人間のくせに、やっぱり猫なんだ・・・」と昔飼っていたタマを思い浮かべながらルナをみていました。

するとルナの動きがピタっと止まり、明美の顔をじっと見つめます。

「なっ何??(汚いって言ったことわかったのかな?!)」

明美がドキドキしながら聞くと、「背骨が取れない!!!」と一言。

「あっ、、、ごめん、、、(よかった~~~)」とさい箸で背骨や細かい骨をとりルナに渡すと、またガシガシ食べ始めました。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

明美はルナをじっとみつめながら、ちょっと緊張した面持で口を開くと

「ねぇルナ、どうしてルナは話せるの??」

「どうして半分人間なの??」

「あなた一体誰なの??」

「どうしてここにいるの??」

「それに私が会社早退したことをなんで知っているの??」

と今までの疑問を矢継ぎばやにルナにぶつけました。

そんな明美をルナはちょっと顔をあげ見ると、すぐにまた無言のまま、ガシガシとカマスをさらにスピードを速めながら食べ始めました。

(はぁ・・・やっぱり答えてくれないか・・・)

「明美、お水頂戴!!」

すっごい満足そうな顔で口の周りを舌でなめながらいいます。

カマスを食べる勢いそのままで一心不乱に水を飲み一息つくと、ルナが話し始めました。

ルナ:「ねぇ明美、猫又って知っている??」

明美:「えぇと確か、長生きした猫がしっぽが割れて、妖怪になったことを言うんだよね??」

ルナ:「そうね、ウィキペディアではそう書かれているわよね。」

ルナ:「でもあれは少し間違っていて、とても長生きした猫は次のステップに行かなくちゃいけないのよ。」

明美:「次のステップ??」

ルナ:「そう、それはどの生き物にも言えているのよ、人間だってそうよ。ただ人間は長生きすればいいってもんじゃないけどね。」

明美:「う~~ん、、、よく分からない、、、だってそんなオカルトチックなことというか、、、そういうことに興味ないし・・・。」

ルナ:「別に信じる必要はないわよ。明美が信じようが信じまいが、私は自分のやるべきことをしに来たのよ。」

明美:「何?そのやるべきことって??」

ルナ:「次のステップに行くこと。」

ルナ:「私は猫の世界の仙人でもあるの、見習いだけどね。」

明美:「仙人て・・・」明美があっけにとられた顔でルナをみています。

ルナ:「・・・まぁいいわ、今夜は時間があるからゆっくり話すわ。」

そういうと、ルナはもう一度水を飲み始めたのでした。

「誰もが運命の人と結ばれる鍵を持っている!~猫仙人とバリキャリ明美のスピリチュアルレッスン その13~」へ続く。

■≪音声付≫40代の女性がきちんと運命の人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

■セッションについてはこちらからです

■お問い合わせやお申し込みはこちらです

■メルマガも不定期で発行しています
※1メールレッスンにお申し込みの方は、同じ内容のメルマガが届きますので、登録は必要ありません。
※2ブログでは書けないような不思議なことも書いていますのでご興味があればどうぞ^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です