投稿者「中村まみ」のアーカイブ

あなたの個性をありのまま認めることで運命の人を引き寄せる

ありのままとそのまま

こんにちは^^中村まみです。

最近のスピリチュアルの世界では「ありままのあなたでいい」という言葉をよく聞きませんか?

でも「ありのままの自分てどんな自分?」と自分自身のことなのに分からないというご質問もいただきます。

そして自分では「ありのまま」のつもりでも実は「そのまま」だったりと言ったことがあったり・・・

「ありのまま」と「そのまま」の違いってなんだと思いますか?

ありのままのあなたは運命の人を引き寄せる磁石

「ありのままのあなた」は、簡単に運命の人を引き寄せることができる強力な磁石のようなものです。

その磁石になるためには「ありのまま」と「そのまま」の違いがわかることが、まずは大切です。

違いが分かれば、今の自分は「ありのまま」なのか「そのまま」なのかもわかります。

そう「ありのまま」と「そのまま」は大きく大きく違うのです。

「そのまま」ではなかなか運命の人に出えませんが、「ありのまま」でいるとき、あなたの運命の人との出会いの扉はごく自然に開きます。

「ありのまま」と「そのまま」の違いがわかれば、「ありのままのあなた」にウンと近づくことができるでしょう。

「そのままのあなた」とは?

「そのままののあなた」はご自身の欠点を嫌っています。

欠点というのは裏を返せば、必ずその方自身の個性につながります。

ですので「そのままのあなた」でいるということは、ご自分の素敵な個性が見えていないということになります。

では、「そのままのあなた」が考えやすい考え方をみてみましょう。

自分のことを

「私は(どうせ)ダメだし」

「かわいくないし、、、」

「何をやってもうまくいかないし、、、」

とネガティブな思考で、心を閉ざしている状態になっているのは、「そのままのあなた」になっていると言えます。

「ありのままのあなた」とは?

さきほど欠点と言うのは、必ずその方自身の個性につながっていると申し上げました。

ですので「ありのままのあなた」でいるということは、ご自身の欠点も含めて、そこに存在する個性が見えているということになります。

では、「ありのままのあなた」はどんなふうに自分自身の欠点をみているのでしょうか。

それは自分の欠点に対して、愛情を注げているかがポイントになってきます。

愛情を注ぐというのは、例えば、自分の親友などに対しての接し方と似ているかもしれません。

自分の親友に欠点があったとしても、その親友を嫌いにならないと思います。

お互い様だとか、こうゆうところが素晴らしいとか、そんな気持ちを自分に持てているとき、「ありのままのあなた」でいると言えます。

運命の人を強力に引き寄せるありのままのあなた

「ありのまま」と「そのまま」は大きく大きく違うのです。

「そのまま」ではなかなか運命の人に出えませんが、「ありのまま」でいるとき、あなたの運命の人との出会いの扉はごく自然に開きます。

「ありのまま」と「そのまま」の違いがわかれば、「ありのままのあなた」にウンと近づくことができるでしょう。

ありのままのあなたは、簡単に運命の人を引き寄せることができる強力な磁石のようなものです。

ですので「ありのまま」と「そのまま」の違いがわかることが、まずは大切です。

違いが分かれば、今の自分は「ありのまま」なのか「そのまま」なのかもわかります。

親友に接するようにあなた自身を扱おう

ありのままのあなたは、自分の欠点に対して愛情を感じることができるかがポイントです。

例えていうなら、親友に欠点があっても親友を大切に思って友情を育んでいくことと似ているかもしれません。

ありのままのあなたでいる最初の一歩は、うんざりする欠点に思えても、

「そういうところもあるけど好きだよ」

と、自分に言ってあげてください。

それがそのままのあなたへの第一歩です。

それがあなたの運命の人との道をつなげる大きな一歩です。


好きになる人には必ず相手がいる、、、

パートナーが出来ないメリット

こんにちは^^中村まみです。

「私が好きになる人はすでに相手がいて、好かれるのは変な人ばかりなんです。」

「このままずっと自分は良い相手と巡り合うことはできないのかなと落ち込みます。」

こうした言葉を本当に良くお聞きます。

そうしたとき、その次にする行動は何かというと占いに行って、恋愛運をみてもらったりします。

そして、どうして周りに素敵な男性がいないのかを占い師に聞いたりするかもしれません。

あるいは、仲の良いお友達に愚痴っちゃうことをしているかもしれません。

もしかしたら、一人部屋で溜息をついて憂鬱になっているかもしれません。

もしも思い当たるのなら、この状況から脱して本当の愛を手に入れましょうと今日はお伝えしたいのです。

好きになる人には必ず相手がいる状況から脱するために

あなたは「もちろんそうしたいわよ!!」という思ったと思います。

もちろん大丈夫です!

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩進むことが出来るようになります。

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩も三歩も進んで打破することができるようになります。

ただ、、、少~~~しだけ覚悟がいります。

好きになる人には相手がいる状況を望んでいる自分がいる

好きになる人には必ず相手がいて、変な人ばかりに好かれるというとき、それは必ずあなたの思いにあなたの現実が呼応しています。

もっとストレートに言うとそれを望んでいるということです。

潜在意識の中にあるメリット

好きになる人には必ず相手がいることが分かったとき、「やっぱり彼女がいる」「やっぱり奥さんがいる」という言葉が出てきませんか?

「やっぱり〇〇」という「やっぱり」という言葉が出てきませんか?

「やっぱり」って過去にも幾度となく経験したから出てくる言葉ですが、いつから経験していたのでしょうか?

おそらく気がついたときには言っていたことに気づくかもしれません。

この「やっぱり」という言葉が曲者なんです。

私たちを特定の事柄以外の可能性を考える隙を与えないエゴの強力な洗脳のようなものだからです。

けれども、そうやって洗脳されてしまうの原因というのは必ずあります。

それは「「メリット(利得)」です。

好きになる人には必ず相手がいる状況が繰り返し起こるとき、そこにあなただけのメリットがあります。

パートナーシップは心の痛みが丸裸になる

例えばそのメリットというのは、パートナーシップは自分の心の痛いところをついてくることが多々あります。

そのことは潜在意識が知っているので、自分の痛いところが暴露されないようにあなたを守っているのかもしれません。

その痛いところというのは、「本当の私を知ってしまったら人は離れていく」という思い込みかもしれません。

アダルトチルドレンの方なら失恋の痛みは絶望するほどの痛みを伴う方もいらっしゃいます。

ですので、あの失恋の痛みを味わうのであれば、最初からパートナーはいらないと無意識で思っている可能性もあります。

そういった自分を守るメリットがある、このことを認めなければいけない覚悟がいります。

好きになる人には必ず相手がいる状況から脱したいなら

先ほど好きになる人には必ず相手がいる状況から脱したいなら少し覚悟がいると申し上げました。

それはわからなくても自分の中に好きになる人には必ず相手がいる状況を生み出しているメリットがあるんだなと自覚することなんです。

あなたは認めたくないかもしれないその自覚が必ずできます。

そして好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩進むことが出来るようになります。

好きになる人には必ず相手がいる現実から、一歩も二歩も三歩も進んで打破することができるようになります。

自分自身に尋ねる習慣を

好きになる人には必ず相手がいる現実から一歩も二歩も三歩も進んで打破するためには、そのメリットをみつけていかなくてはいけません。

その第一歩として、占い師などの外側に答えを求めるのではなく、自分の潜在意識に尋ねてみてください。

「好きになる人には必ず相手がいる私のメリットは何だろう?」と。

ほんの少しでもいいので意識を自分にフォーカスしてください。

潜在意識は私たちのために働いてくれます。

答えはすぐにやってこなくても必ずその答えを差し出してくれるんです。

アダルトチルドレンが最大の魅力になり、運命の人に出会える無料メールレッスンでも潜在意識の声の聴き方を公開しています。

もしよければ試してみて下さいね。


やさしく勇気あるアダルトチルドレンの魂

勇気ある魂であるアダルトチルドレン

こんにちは^^中村まみ

昨今「魂」「スピリチュアル」という言葉に違和感が少なくなっているこの時代の空気を感じています。

多くの方々の意識が変わってきたんだなとしみじみ思います。

今日のテーマは機能不全に生まれたやさしく勇気あるアダルトチルドレンの魂の役割についてお伝えします。

こんな家に生まれなければよかった、、、

こんな家に生まれなければよかった、、、

こんな家族なんていらない、、、

と、アダルトチルドレンのあなたは自分のことを誇れないかもしれません。

むしろ惨めに感じていることが多いかもしれません。

けれども魂レベルでみると、あなたは機能不全の家庭で育つことを選んだ勇気ある魂なのです。

アダルトチルドレンの心の状態が少しずつでも回復すれば、そのことが頭ではなく心で理解することが必ずできるようになります。

あなたの苦しみは使命の遂行のため

アダルトチルドレンという心の状態の原因となったあなたの家庭や家族は、あなたが苦しむために存在するものではありません。

あなたの魂の目的を遂行するために絶対に必要だったのです。

非二元(ノンデュアリティ)の気づきの意識を深めていくうちに、段々と理解していったことがたくさんあります。

まるで啓示が降りてくるかのように、、、。

その啓示の中で輪廻する魂には最終的な目的があり、私たちは途中経過として道を通らなければならないということなのです。

その道なりに、アダルトチルドレンの心の状態を持つことが含まれています。

輪廻する魂の目的を3つ挙げてみると

1.様々な経験を通して自分が何者であるかを知るため

私たちは自分がなんであるのかという自己を忘れてしまっています。

アダルトチルドレンという苦しみを持っていること自体、自己を忘れてしまっているのです。

自己を忘れてしまうという深い深い眠りから目覚めるために、多くの刺激が必要だったりします。

その刺激の一つがアダルトチルドレンという苦しみなのです。

自分の能力を磨くため

人には必ず何かしらの能力があります。

私も長~~~~~い間、自分に何かの能力があるなんて分かりませんでした。

自分には何もないと思っていました。

でもこうやって文章を書いているそのものが能力だということに最近気がつきました。

それはプロのライターさんから文章を褒められたり、web雑誌に記事を掲載することができたりしているからです。

しんどいこともあるけれど、伸ばしていきたいなと思います。

そしてその能力を伸ばした先にはきっとまた違う展開があるのだろうなと感じます。

自分で自分のことが分からないだけで、あなたにも必ずあります。

クライアントさんの中にも今の場所が自分の能力をとても生かせる場所だったことがわかり、自分探しが終了した方もいらっしゃいます。

また、無理だと思っていた資格に合格して、その資格を活かすために経験を積んでいるクライアントさんもいらっしゃいます。

家族を救うため

「家族を救うため」

これは自分を犠牲にするということではありません。

自分の幸せを選択した結果、形式上、家族を捨てることになったとしても、家族を救ったことになります。

ここ大事ポイントです!

自分の幸せを選択した結果、形式上、家族を捨てることになったとしても、家族を救ったことになるのです。

表面ではいくらでも憎まれているかもしれませんが、魂的には家族の魂を救っています。

それが輪廻する魂の役割なのです。

ですので、あなたは幸せになる勇気をもってください。

あなたは勇気ある魂なので必ずできます。

勇気ある魂であることは必ず思い出せる

今は心の傷に翻弄されていて気づけないかもしれません。

けれども、アダルトチルドレンという心の状態の原因となった家庭や家族はあなたを苦しめるためのものではありません。

その苦しみは、あなたのやさしく勇気ある魂の目的を遂行するために必要な負荷(圧)です。

今は自分のことを誇れずみじめに感じているかもしれません。

でもですね、心の傷が回復してくれば必ず機能不全で育ってきたからこそ、それが自分へのギフトだと理解しはじめます。

そうなると、今は隠れているあなたの能力も顔を出していきます。

少しの時間だけでも魂を感じてみて

今は心から思えなくていいので、自分の魂はやさしさと勇気でできているのかもしれないと、考える時間をもってみてください。

1日に1回でもいい、3日に1回でもいいです。

魂を感じようとすると魂は必ず応えてくれます。

それがあなたの本当の姿なのです。


自分を責めている時、運命の人はあなたの傍に行けない

こんにちは^^中村まみです。

あなたが自分自身を責めている時、あなたの運命の人はあなたのそばに行きたくても行けずにいます。

そのわけを紐解いてみましょう。

自分自身を責めているを潜在意識の法則で読み解くと?

潜在意識は一人称というのはどんな法則だったでしょうか?

下記の図をもう一度掲載しますね。

潜在意識は一人称

他人は他人というお面をつけたあなた自身ということなのです。

ということは、「自分を責めてしまう」というのは、潜在意識が一人称の法則をでは誰を責めていますか?

自分でもあるし

家族でもあるし

友人でもあるし

そして

運命の人でもあるのです。

責められる人のところに行こうと思うわけがない

ワザワザ責められるのが分かっているのに、その人の傍にいこうとはしませんよね?

もしそういう人がいるのなら、どMかもしれません(笑)

自分を責めている人は、いつも誰かから責められているような感覚を持っていることが多いです。

「もう責められるのはうんざり、、、」とご自身も感じているかもしれません。

自分自身ももう責められることをされたくはないのです。

他の人も同じですよね。

どうして責めてしまうの??

私たちの心の中には、生まれる以前から「罪悪感」が存在しています。

この世界のシステム上、それは避けられません。

この世界に生きている私たちすべてが否応なしに罪悪感が根付いています。

そして生まれてから自分自身の罪悪感を大きくさせようと無意識で動いています。

親からの叱責

兄弟と比較されたこと

学生時代のいじめ

そんな様々なことが「自分が悪いからだ」という罪悪感を増大してしまうのです。

罪悪感を解放する私たちの使命

私たちには一人一人使命があります。

歌うことを通してみんなに愛を与えること

国語を教えることを通してみんなに愛を与えること

子育てすることを通してみんなに愛を与えること

絵を描くことを通してみんなに愛を与えること

文章での啓蒙活動を通してみんなに愛をあたえること

そんなように一人一人に個性的な使命があります。

けれども個別の使命の他に私たちの共通の使命が基盤となって存在します。

それが罪悪感を解放するということです。

一人一人の個性的な使命をよく見ると?

一人一人の個性的な使命をよく見ると「愛を与える」につきます。

誰かに愛を与えるということは、みんなに愛を与えるということにもつながりますね。(潜在意識は一人称の法則です^^)

罪悪感が大きいと愛を与えられない

罪悪感が大きいと、自分自身への愛も忘れてしまうので、誰かに愛を与えるなんてできなくなります。

自分の個性的な使命を輝かせるために、基盤となる罪悪感の解放が必要になってきます。

人は弱いので、余裕がないときに愛は与えられないですから、、、。

罪悪感は私たちが持って生まれてきたものです。

なので、生きる過程で大きくなってしまった罪悪感を解放することも必要になってきます。

運命の人は一緒に罪悪感を解放していく相手でもある

運命の人と出会ったら私は完璧!となるわけではありません。

運命の人というのは自分の人生の道の途中で出会う人だからです。

なので道半ばです。

一緒に過ごすことによって、自分の中の罪悪感によって発症している様々な出来事や感情を解放していく人生の旅の相棒のようなものです。

あなたは相棒のサポーター

ここで忘れてはいけないのは、相棒(運命の人)にも相棒の罪悪感があるということなのです。

ということは、運命の人はあなたのサポーターでもあると同時に、サポートされる人でもあるのです。

先ほど、罪悪感が大きいと、自分自身への愛も忘れてしまうので、誰かに愛を与えるなんてできなくなりますといいました。

運命の人はあなたと出会っていなくても無意識領域であなたのことをうんとよく知っています。

ですので、運命の人があなたに会いたいと思っていても無意識領域で、出会ってもよい結果にならないと感じたのなら、出会いは遠のくのです。

無意識領域(潜在意識)は繋がっているのですから。

サポーターとして心の基盤を整える

「あなたが運命の人と出会いたい!」と思う気持ちはあなたの一方的な思いだけではありません。

あなたの運命の人もお互いのサポーターとしてあなたに出会いたいと思っています。

サポート力が足りないのであれば、サポートする力をつけるしかありませんよね。

スポーツでレギュラーをとりたいなら、練習するというように。

サポート力を増やすコツは自分の中に愛を増やすこと。

増えたら誰かに与えることができるからです。

運命の人に出会うというはサポーターとして生きること、この重要な意味をみつめてみることは大切です。


運命の人に出会う最高の法則「自分を愛する」とは?

自分を愛する

こんにちは^^中村まみです。

自分を愛するってどうすればいいのかわかりません。

自分のことを愛するなんてできません。

そういう方ってとっても多いですし、私自身もそうで、長~~~~~~い間、分からずに途方に暮れていた時期もあります。

自分を愛することってちょっと勘違いされているのかもしれません。

今日は自分を愛する、そんなテーマにしてみたいかなと思います。

自分を愛するって自分を好きになることだと思っていた

 icon-quote-left 

自分を愛する、自己愛というのは自分を好きになる事だと勘違いしていて、つい最近になって、嫌いな部分も含めてただただ認めてあげることなんだと気付きました。

 icon-quote-right 


クライアントさんからのメールの中にこんな感想をいただきました。

そうそうそうなんです!!

自分を愛するって、自分を大好き!となることではなく、そこにいてもいいよ、と嫌いな部分も含めてただ存在を肯定してあげることなんです。

もちろん「自分のことが好きだな」という気持ちがあることは、すごくいいことなんです!

でも「自分のことを好きだと感じる気持ちがわかない・・・」ということで悩む必要はないのです。

自分を愛するということは、自分のことを好きじゃないといけないことだと勘違いしているということを知って頂きたいなと思っています。

傲慢さやわがままさに感動してみる

私がクライアントさんにはいつもお伝えすることがあります。(すぐに忘れられちゃうことが多いのですが、、、^^)

 icon-quote-left 

なんで会ってくれないの、わかってくれないの、なんとかしてあげたいのにという思いを持っていることに気付きました。

そんなときはどうしたらいいですか?

 icon-quote-right 


それは、こういうふうに自分の考えの嫌な部分に気づいたときは・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

「わぁお!!!!そうだったんだ~~~!!!!」

「へぇ~~~~そうなんだ!!!」

感動してみてください(^w^)

すっごい傲慢さやわがままさがでてきても楽しそうに(←ここがポイント!!)「わぁお!!!!!」と聞いてあげてくださいませ。

超きままなワンコやニャンコな自分だと思って

ワンコやニャンコが好きだったらイメージしやすいのですが、超きままなワンコやニャンコでもかわいいですよね。

「この仔、なんちゅーわがままなの~~~~」と思っても、「もう仕方がないんだから~~~(^^;)」と思うと思います。

自分の嫌な部分に遭遇しても、同じような反応をしてみてください。

ワンコやニャンコにできるのなら、自分にだってそういう優しい反応をしてあげることをしたっていいと思いませんか。

優しい反応ができないのなら

それもまた良し!なんです。

優しい反応ができないのも「もう仕方がないんだから~~~~(^^;)」と反応してみたください。

それでもできないのなら、、、?

それもまた良し!なんです。

優しい反応をすることが重要なのではなく、優しい反応ができないこともただただその存在を肯定してあげることなんです。

自分を愛するとは?

自分を愛するというのは自分を好きになる事だと勘違いしていました。

そうではなく、嫌いな部分も含めてただただ認めてあげることなんだと最近ようやく気付きました。

これだけなんです。

「わぁお!!!!そうだったんだ~~~!!!!」

「へぇ~~~~そうなんだ!!!」とただ感じてあげてください。