モラハラ男から脱出するには?

モラハラ男から脱出するには?

こんにちは^^中村まみです。

モラハラ男とは?

もしあなたの彼が、あるいは元彼が

「俺はお前に対して非常な怒りを感じているんだぞ」という 態度をとり、

口をきかなかったり、

無視をしたり、

あなたの欠点をあげつらったり、

わざと大きな音をたててドアを閉めたり、

大きなため息をついたり、

あなたが不安になるようなことを執拗としてくるのであれば、あなたの彼はモラハラ男性といえると思います。

この状況から脱出して、ちゃんとした恋愛関係を築くにはどうしたらよいのでしょうか?

問題なのはモラハラ男と出会うことではなく別れられないこと

ここで問題なのは、モラハラ男性との恋愛や結婚生活を繰り返している人

モラハラ男性だけれども別れられないという状態です。

もし、「けっ!お前なんか付き合えるか!!」とあなたが彼に言って、後腐れなく別れるのなら大丈夫。

この先を読む必要はありません^^

ではそもそもですが、どうしてモラハラ男性とお付き合いすることになったのでしょう?

「最初はやさしかったからモラハラ男だとわからなかった」

ここまでは全然大丈夫です。

けれども別れられないというのは、彼がモラハラ男だからだということは関係ありません。

モラハラ男と別れられない原因とは?

モラハラ男と別れられない理由は、あなたの中の潜在意識の中にある思い込みが原因なんです。

モラハラ男性は、あなたの価値をおとしめる言葉をたくさんは言いますよね?

モラハラ男性は、あなたが不安になることをたくさんしてきますよね?

モラハラ男性は、あなたをたくさん責めますよね??

これぜ~~~~~~~~んぶあなたの自己肯定感とつながっています。

モラハラ男と別れられないことを潜在意識は一人称の法則でみると?

ちょっと確認のためにモラハラ男と別れられないことを潜在意識は一人称の法則でみてみましょう。

彼に本当はどんなことを言いたいでしょうか?

「彼くん、そんなこと言わないで!!」

「彼くん、私のことを大切にしてほしい」

「彼くん、怒るのはやめて!」

「彼くん、私を責めないで!」

もしもこういう言葉がでてくるとしたら、潜在意識のメッセージはなんでしょうか?

潜在意識は一人称では「彼」は「自分(私)」ですね。

「彼くん、そんなこと言わないで!!」→「私、そんなこと言わないで!!」

潜在意識はあなたに「そんなに責めないで」と言って、自分責めをしていることに気がついてほしいのかもしれません。

「彼くん、私のことを大切にしてほしい」→「私、私のことを大切にしてほしい」

「彼くん、怒るのやめて!」→「私、怒るのやめて!」

というふうに転換できます。

潜在意識のメッセージは何??

潜在意識はあなたにイライラして自分を否定していたことに気がついてほしいのかもしれません。

「彼くん、私を責めないで!」→「私、私を責めないで!」

もしかしたら、あなたは自分を責めていることにも気がついていない状態なのかもしれません。

この潜在意識のメッセージはかならずあなたの中の思い込みに繋がっています。

モラハラ男を通してみえてくるもの

どうして自分責めをしてしまうのか?

どうして自分を大切に出来ないのか?

どうしていつもイライラしてしまうのか?

思い込みが必ずあります。

この思い込みが自己肯定感の低さとしてあなたを形成して、モラハラ男性なのに別れることができない、出会う男性がモラハラ男性ばかりという状況を引き起こすのです。

自分で自分を責めるモラハラ要素が解放されると?

自己肯定感(自分を愛すること)は思い込みをみつけて、それを解放すると自然に高くなります。

そして彼とは自然に別れるという状況になるかもしれませんし、

彼がモラハラ男性じゃなくなる状況もありえますし(←これは本当に起こりうることです!)

次に出会う男性が理想の男性という可能性も大大大です。

自分を愛することは自分でちゃんとしていくことができますよ。

もうモラハラ男性で苦しむことから卒業し、彼としっかりと愛情を育める関係を創っていきましょう。

■私はこんな風になりたかったんだ

こんにちは^^中村まみです。

セッションのご感想をいただきましたので、掲載させていただきます(^人^)感謝♪(掲載許可済)

寂しい気持ち満たしてもらおうとしない自分

怒りをぶつけて彼との関係がぎくしゃくして、罪悪感を感じるパターンを繰り返している自分

そんな恋愛を卒業して、彼の存在をただただ愛おしくて

彼と同じくらい自分自身を大切に出来て

恋愛するということが楽にできる自分になれて

なによりも彼の幸せを願える自分がいるというのは、愛される女性としての最強マインドを育てたことになります。

Mさんは心配しなくても必然的に素敵な彼と出会えるでしょう^^

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

Q1なぜセッションを受けようと思いましたか?

結婚をしたいと思っているが、今までおつきあいした男性と結婚まで考えられず、また婚活で出会った人とはうまくいかず、自分にはどのような人が合うのか?

どうして恋愛がうまくいかないのか?を知りたかったから。

でも婚活で出会ってうまくいかなかった彼にこだわってしまって、次に気持ちがいかなくなってしまっていてどうしていいのかわからなかったから。

Q2セッションを受けた感想おお聞かせください

なぜ、自分が彼にこだわり続けたのかがよく分かった。

自分で腑に落ちたので、気づくと彼のことをそれほど気にしていない自分がいて、彼の幸せを素直に願える自分がいて、執着を手放すということはこういうことなのかと思った。

結局、自分が持っていないものを彼がもっていて、私はそれが欲しかったのだと思った。

そもそも「自分がもっていない」と決めている自分に気づいてここが原因とわかった。

ずっと自分のことを自分で満たすことができない自分に苦しんだが、セッションを何回か受けるうちにふと自分の気持ちが変わっていることに気づいた。

私はこんな風な自分になりたかったんだなと思えるようになった。

まだ結婚につながる相手と出会っていないが、結婚そのものにも以前より執着しなくなって、気持ちが軽くなったと思う。

(30代医療従事者 M.Oさま)


ただ今、メールレッスンを改良中、しばらくお待ちください。

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


不倫をするとカルマが重くなる?

不倫とカルマ

こんにちは^^中村まみです。

カルマ鑑定書をお作りさせていただいている関係で、カルマについてもご質問をいただきます。

なので今日は不倫とカルマについてお話ししたいなと思っています。

自分の感情しか感じれれないからこそ他人がいる

私たちって自分の感情しか感じることができないですから、どうしても自分至上主義みたいな状態になります。

ついつい

「どうしてこうしてくれないんだろう?」

とか

「彼はずるい!!」

とか考えてしまいがちなんですが、これこそがカルマなんですね。

この思いにバランスをとるためにカルマは存在しているということなんです。

具体的に言うと、

「彼はずるい!!」

と思っているのなら、過去もしくは過去世で

「あなたはずるい!!」

と思われていたことがあったといえます。

でもあなたは気がつかなかったんです。

なのであなた自身が「彼はずるい!!」という経験をする必要があったということだと認識していただくのがよいかなと思います。

とっても簡略化した説明なのですが、基本はこの考えなんです。

潜在意識は一人称からカルマをみる

もっとこのカルマの法則を理解を深めるために今度は、潜在意識は一人称ということからもみてみましょう。

先ほど、あなたは過去、あるいは過去世で「あなたはずるい!!」と思われていたけれど、気がつかなかったといいました。

過去世のことなんて覚えていないので、もちろん分からないのですが、潜在意識はすべて記憶しているんですね。

潜在意識は一人称

この「あなたはずるい!!」の「あなた」は潜在意識の一人称でいうと、「自分」になりますね。

「彼」も「あの人」「この人」「上司」「お母さん」「お父さん」「お兄ちゃん」も一人称でいると「自分」になります。

つまりこれは、

自分は「彼」でもあり、

「あの人」でもあり、

「この人」でもあり、

「上司」でもあり、

「お母さん」でもあり、

「お父さん」でもあり、

「お兄ちゃん」でもあるんです。

なので、

彼とはまったく関係のない人に対して「ずるい!!」と思われていたことが、彼とのカルマになってやってくるんですね。

潜在意識は一人称の法則では、彼も彼じゃない人も区別はしていないからです。

カルマは誰かとの特定の関わりだけではない

そして結局

「彼はずるい!!」

というのは

「私(自分)はずるい!!」

となります。

あなたは気がつかなかったけど、気づく必要があるときに、「○○はずるい!!」という経験をすることが起こってくるのです。

カルマって気づきあうための経験であって、特定の誰かとの関わりだけではないんですね。

もちろん、その経験をするために「他人」が必要なのですが、それを買ってでてくれる人が彼だったということでもあるんです。

これは彼があなたのカルマを解消するお手伝いをするためにずるい人を演じてくれているということも、ある一面からみると言えます。

実際に感じている気持ちはどうすればいい??

でも実際にあなたは「彼はずるい!!」という思いは消せませんね。

頭で分かったけど、心が追い付きませんよね。

このことを聞いて余計に苦しくなるかもしれません。

なので

潜在意識の解放が必要なのです。

潜在意識を解放していけば、頭の理解と心の理解が足並みをそろえます。

それがカルマが昇華されつつあるともいえることです。

重いカルマとは多くの気づきが必要なこと

結論として、不倫をしたらカルマが重くなるということはありません。

ただし、不倫をすることで悲しむ人(例えば相手の奥さん)がいる場合、その悲しみはあなたも受け取ることになります。

先ほど申し上げた潜在意識は一人称のゆえです。

これは奥さんが不倫の事実を知っている、知らないは関係ありませんから、気づかれていないからということでカルマという気づきを受け取らなくていいということではありません。

そこがカルマの性質なのです。

自分が相手にしたことを覚えている、覚えていないは関係ないし、相手が自分がおこなった行動に気がついている、気がついていないは関係ないのです。

不倫をすることによって得ているものを自分に与えていくことが大切

苦しい不倫をしているのなら、不倫の期間が長引けば長引くほど、罪悪感が重なっていきます。

なので苦しいのなら、潜在意識レベルから解放するのがおすすめです。

カルマ(苦しみ)がきちんと消滅したら、不倫に対しても執着がなくなるとか、何かの拍子にきちんとしたお付き合いができるとか、そんなふうに自分自身が変化していきますよ。

■浮気ばかりする男性とつきあってしまうのは?

こんにちは^^中村まみです。

アダルトチルドレンの心の状態の方は、浮気ばかりする男性とばかりご縁を持ってしまうこともとっても多いです。

これなぜでしょうか??

自分はアダルトチルドレンかもしれないと感じて、ネットでいろいろと調べていらっしゃる方は、浮気ばかりするようなダメンズくんとご縁を持つことが多いということはご存知かもしれません。

じゃぁなぜそんなご縁を引き寄せてしまうのでしょうか?

アダルトチルドレンというのは心(潜在意識)がたくさん傷ついている状態だということは申し上げました。

それはネガティブな思い込みがたくさんあるということなんですね。

自分は価値のない人間だという思い込みだったり

いつか見捨てられる人間だという思い込みだったり

愛されることなんてない人間という思い込みだったり

潜在意識の無数の層にそれぞれそんな思い込みがたくさんあるのです。

すると潜在意識の働きとしては、「価値のない人間」だということがあなたの望みだと思ってしまうのです。

またはこんな言い方もできるのですが、、、

価値のない人間だというのが、自分という存在を今まで生かし続けてきくれた

ということです。

だからそれを手放すことは死ぬかもしれないという恐怖を抱きます。

もちろん無意識に、です。

根底に私たちは二つの死を怖れています。

それは

「精神の死」と「肉体の死」

です。

思い込みを手放すということは、自我(エゴ)からすると精神的な死を意味します。

だってその思い込みで生きてきて、それ以外の生き方を知らないのですから、それはそれは恐怖のはずです。

私には価値がない、この思い込みが「あなた」と人間を生物的に生かしていたということも事実なのです。

なので、これがなくなると、、、、と考えると怖くなるというのは、生物としてとても自然な反応なのです。

ですので、「浮気ばかりする男性と付き合ってしまう」というのはある意味、あなたが生きるために必要なことだったのです。

だから、悲しくて辛い思いをしてもそういう男性とのご縁をつくってしまっていたともいえます。

でもね、この思い込みはなくても生きていけるということはわかりますよね?

それを潜在意識にも教えてあげるんです。

ただ、あなたがいくらそれを潜在意識に教えたところで、潜在意識は容易にあなたの言葉を信用しません。

これがアファメーションが効かないということにもつながっています。

潜在意識は私たちとは違う世界観で生きているのです。

それに何十年もそうやって生きてきた潜在意識に、ある日突然、「それ違うから!!」といっても納得しないことは想像に難くないですよね。

なので、私たちが言葉がけをしただけでは難しいのです。

その潜在意識の世界観にあなた自らが入っていき、潜在意識に寄り添いながら、お互いに意思疎通をする、これがセラピーと呼ばれるものの中味です。

そうして潜在意識と歩調を合わせると、あなた自身が一番大切な事実を心から理解することがあります。

それは

浮気ばかりするダメンズ君とお付き合いしてしまっていたことは、決して悪いことではなくて、潜在意識のあなたへの愛から起こっていたことだということに。


ただ今、メールレッスンを改良中、しばらくお待ちください。

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです


■彼に怒りをぶつけ関係を壊してしまう

こんにちは^^中村まみです。

今日はご相談のへの回答をさせていただきます。

そんなことしてはダメだってわかっているのに、彼に対して欲求がエスカレートしてしまいます。

ちゃんと連絡くれるように過度の要求したり

ありのままをみてほしいと強く思ったり

私の都合を最優先してほしいとわがままをいったり

こうゆう欲求が段々段々エスカレートしていって、彼が叶えてくれなかったら、コントロールできないほど怒りを爆発させてしまいます。

そうしていつも別れたり、距離を置かれたりを繰り返します。

私は幸せな恋愛ができるのでしょうか?

30代 Mさま


Mさんは怒りをコントロールできなくて爆発させたり、彼に過度に欲求を突き付けてしまうのは、ご自身の性格に問題がなると感じていらっしゃるようですが、この状態はMさんの性格とは無関係です。

これはアダルトチルドレンの特徴又は愛着障害による特徴です。

子ども時代に本来得るはずだった健全な愛情を十分に得られなかったことでこういう心の状態を引き起こします。

ただMさん自身はご両親にちゃんと愛されていたと感じています。

だとしたら、どうしてこういう状況になっているのでしょうか?

それは親から与えられた愛情が健全な愛かどうかなんですね。

健全な愛情ではなかったら、親が愛してくれているように感じても、子どもの心はうまく発育しません。

不健全な愛情は愛されているという感覚を育ててくれません。

例えばとても過干渉な親なのかもしれません。

兄弟といつも比べる親なのかもしれません。

お金だけ渡して、団らんのない食事が日常だったのかもしれません。

親は「あなたを愛しているからこそ」という言葉であなたの言動をコントロールするような日常だったのかもしれません。

こういう状態で育つと、ある種トラウマの状態になっているともいえるので、セラピーで丁寧に感情を扱っていく必要があります。

潜在意識にどんな思い込みができてしまったのかをきちんとみていくのです。

言うことをきかないと無視されたり、怒られたりしたことから「私は見捨てらる」という思い込みが出来ているのかもしれません。

過干渉すぎて自分がやることなすことにダメ印を押されて、「私なんて何をやってもダメな人間」という思い込みが出来ているのかもしれません。

またコントロールが嫌だけど従わざるおえない状況で「私は支配される弱い人間」や「私は攻撃される人間」だというような思い込みかもしれません。

もっともっと無数にありますので、あなたがどんな思い込みをもっているかは分かりませんし、たくさんの思い込みを持っていることも普通なので、私はぜったいこの思い込みを持っていると決めつけないでくださいね。

そしてその思い込みがあるとどうなるのでしょう?

自分が話しかけても彼から返事がないことを「無視された!!!」と傷ついてしまいます。

本当は聞こえなかっただけかも知れないのに。

ACじゃない人は、「あれ?聞こえなかったのかな??」ともう一度大きな声で話しかけたり、身体をとんとんしたりして、彼が気がつくように促すだけです。

また「バカにされている!!!」と怒りマックスになったりもします。

ACじゃない人はやっぱりもう一度大きな声で話しかけたり、身体に触れたりして、彼が気づくように促すだけです。

怒りがマックスになってしまうのは、それだけあなたの思い込みが強く、一種の地雷になってしまっているということです。

彼が踏んだら爆発して、彼も自分もくっちゃくちゃに傷つきます。(心がね)

そんなことを繰り返していたらものすご~~~~~~~く疲れると思います。

彼が嫌気がさすのはわかるかなと思います。

彼と愛ある関係を築きたいですよね?

ならばその地雷取り除かなくてはなりません。

でもですね、この地雷、とても大切な意味があってあなたの潜在意識にあるんです。

次回はその地雷の意味についてお伝えします。


 icon-angle-double-right *音声付*40代の女性がきちんと運命の人に出会える無料メールレッスンはこちらです

↓↓メールレッスンのテキストサンプル及び音声サンプルをご覧になりたい方はこちらです↓↓

テキストサンプル(PDF)

音声サンプル(約5分)

 icon-angle-double-right セッションについてはこちらからです

 icon-angle-double-right お問い合わせはこちらです