■自分自身に向き合う先にあるもの、それがあなたの運命の人

こんにちは^^中村まみです。

「自分自身に向き合うってどういうことですか??」

とすんごくよく聞かれたりするので、今回はそれについて記事を書いていきたいなと思います。

一言でいってしまうと、「自分の感情をみる」ということなんですね。

怒ったとき

泣いたときはもちろん、

笑ったとき

喜んだときも自分自身の感情にフォーカスしてあげることなんです。

自分自身で今私、怒っているんだな~~~って思ってあげる。

今私、喜んでいるぞ~~~って思ってあげる。

このほかにも

独りで孤独感でいっぱいになっているんだなって気づいてあげる

なんだかつまらないな~~って思っているんだなて気づいてあげる。

どうして自分の感情にフォーカスするのが大切なのかというと

自分の宇宙と繋がることができるからです。

宇宙は言いかえれば

潜在意識ともいいますし

天使ともいいます

ハイヤーセルフともいいます

そして

あなたの運命の人のいる場所にも繋がっているからです。

運命の人は出会いの場所に多く足を運ばずとも、自分の宇宙と繋がれば必ず出会います。

それがこの世界の仕組みだからです。

理由はありません。

そういう仕組みなのです。

コンセントにプラグを差し込むと電気が使えることに理由はありません。

そういう仕組みがあるからですよね。

一緒なんです^^

自分の感情を大切にすると、自分の宇宙に繋がります。

私たちが肉体をまとい、この世界に出現しているのは、自分の宇宙に繋がるためです。

正確にいうと、自分の宇宙にはずっと繋がっているのですが、繋がっていないと思い込んでいるので、繋がっていることを思い出すといったほうが正しいかもしれません。

繋がり確認ゲームをしているようなイメージを持っていただくといいかもしれません。

感情はそのための素敵な道具です。

繋がり確認ゲームをしてさまざまな感情と出会っていくと、本当の自分自身が見えてきます。

どうして怒ったのか?

どうして悲しい気持ちなのか?

どうして孤独なのか?

そんな気持ちたちのその先の思いが見えてきます。

あなたの感情は海よりも深いです。

その先の思いが見えてきたら、もっともっと深い思いが見えてきます。

それは

小さいころに頑張ってかけっこで1位になったのに褒めてもらえなかった悲しみかもしれません

お父さんに叩かれて悲しかった記憶かもしれません。

弟ばかりがかわいがられるという悲しみかもしれません。

そしてもっと深いところでは、

赤ちゃんの時に受けた心の痛みかもしれません。

そうやって自分の深い深い思いに気がついていくというのは、自分自身へと還るプロセスです。

その本来のあなたのいる場所にいるのが、あなたの片割れである運命の人なのです。

運命の人はあなた自身でもあります。

なので、自分自身に向き合う先にあるもの、それがあなたの運命の人と繋がっているのです。

自分自身の感情

それが怒りだろうが

悲しみだろうが

憎しみだろうが

嫉妬だろうが

ポジティブな感情と同じくらい大切にしてください。

それが自分自信に向き合うということになるのです。

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です