NO IMAGE

婚活に自分を愛することが必要な理由とは?

婚活に必要な自愛は宝物

こんにちは^^中村まみです。

結婚に結びつかない理由、それはずばり自分自身を誤解していることから始まります。

その誤解を解く鍵が自分を愛するということにあります。

これが婚活自愛が必要な理由です。

婚活の最終形は「幸せになること」

当たり前ですが、婚活の目的って結婚することですよね。

では「どうして結婚したいの?」と問われたら、何と答えるでしょうか??

きっとその答えの最終形は「幸せになりたい」からという答えに行きつきます。

じゃぁ、「あなたの幸せは何?」と聞かれたら、どう答えるでしょうか??

「ごくごく普通の幸せ」でいい

「ごくごく当たり前の幸せ」でいい、と答えるかもしれませんね。

幸せだと感じるのはあなた以外にいない

「普通の幸せ」というのは、どんな幸せでしょう?

「当たり前の幸せ」というのは、どんな幸せでしょう??

もしかしたら、「自分なんてこんなもの」だから、、、

と「結婚なんて妥協が当たり前」と今までの周囲の言葉で心の中に根付いているのかもしれません。

でもですね、、、何が「普通」なのかは、一人一人違います。

この当たり前の事実に気がつけるといいですね。

あなたはこの世界でただ一人のあなたです。

なので、あなたの幸せは、あなたにしかわかりません。

勘違いしている幸せに定義

他の誰でもない自分が、自分らしい輝きを放って生き、どんな幸せを望むかは、100人いれば100人とも違います。

でも私たちは毎日毎日膨大な量の情報に触れています。

雑誌に書いてある理想の婚活。

ネットをしていれば、ところどころに出てくる広告 etc。

多くの人はこの膨大な情報量に翻弄されて、自分の幸せが何だかを見失っています。

けれどもそれに気がついている人はごくわずかなのです。

自分の幸せを勘違いしている、そんな状態になっています。

結婚ができないのは勘違いが起こっているため

婚活がうまくいかない、出会いがないという多くの方々は、この状態に陥っていると、色々な方々をみてきて思います。

「自分が自分自身を誤解している」

これが結婚ができない理由なのです。

出会いがないわけでもなく、

まわりに異性がいないことでもなく、

アラフォー、アラフィフだからでもなく、

自分が自分自身を誤解しているからです。

その誤解は自愛の欠如から生じています。

自愛が欠如すると?

自愛が欠如すると

自分はこの程度の人間なんだ、、、、

不安だから結婚したい、、、

愛されない人間、、、

ダメな自分、、、

そんなふうに自分自分を誤解している状態になります。

すると、今の自分が分からない、今の自分の立ち位置がわからなくなってしまうのです。

それは現在地が分からない状態で地図をみて行きたい場所を懸命に探しているのと一緒です。

そうなると、相手を選ぶ基準も全く的外れになっていきます。

「偽りの自分の好み」で相手を選ぼうとするのです。

魂同士が引き合うには自愛が必要

お付き合いが始まっても長続きしないのは、本当の気持ちから相手と関わっているわけではないからです。

条件にこだわりすぎてしまうのも「偽りの自分の好み」から選んでしまっているのかもしれません。

それは果てしない「ないものねだり」へと陥ってしまいます。

そうなると、お付き合いしても不満がでてきますしね。

幸せではない気持ちで相手を探している状態では、自分が活き活きしている状態ではないです。

逆に条件ばかりに目がいき、ギラギラしてしまいますから、男性は引きますよね、、、。

魂が呼応する相手は必ずいるんです。

でも自分が魂の感性に忠実ではないと、魂同士が引き合うことはできません。

魂の感性=本当の自分の声です。

自愛を育てること、それはすなわち本当の自分の幸せを掴むことにつながっているのです。

自愛を育て運命の人を引き寄せてみませんか??

あなたが運命の人と出会えるよう応援しています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>*動画で学ぶ*非二元(ノンデュアリティ)流ソウルメイトに出会う無料レッスン

*動画で学ぶ*非二元(ノンデュアリティ)流ソウルメイトに出会う無料レッスン

「私はいない」「すでに愛の中にある」と言われても、、、この寂しさはどうして消えないの?その苦しみは、あなたが人生に真摯に向き合っているから、そして人一倍愛情深いあなただからこその痛みです。
非二元(ノンデュアリティ)を深く理解することと、あなたの運命の人に出会うということは、葛藤なく両立できます。
そのことを全3回の動画レッスンで学んでみませんか?
第1回の動画は公開しておりますので、ご覧いただきご登録をご検討いただけます。

CTR IMG