いじめの過去が解放された前世

(あっ!これ、前世だわ、、、)と瞬間的に理解しました。

そしてイロイロ探っていきました。

見えてきた私は、ドイツの軍人です。

おそらく時代はそう遠くない過去です。

ピストルを持って森を歩いています。

そしてピストルを構えたかと思うと発砲し、ウサギを仕留めました。

(あれ?どうして猟銃じゃないんだろう??)となぜか現世の私はそこに疑問を持っていました。

軍人の過去世と運命の人

こんにちは^^中村まみです。

運命の人との出会いいじめというのはかなり深い関わりがあるんです。

冒頭の私の前世は、いじめに合っていた過去ととても繋がりがある前世でした。

いじめっていじめている側にすればふざけていることでも、いじめられている側にとっては、死にたいくらい辛くなりますよね。

そうしてほとんどの場合、トラウマができてしまいます。

はっきりと身体や心に症状が表れることもありますが、やっかいなのは自覚できる症状がないことだと思います。

症状がなかったらそれはトラウマではないのではないのでは?と思われるかもしれません。

確かにそうかもしれません。

けれどもなんとなく人を信用できないとか、言いたいことが言えないなどの小さなことでもトラウマです。

思い出すと怒りが込み上げてくるというのも立派な?トラウマです。

だって過去に縛られているのですから。

この過去に縛られていることが運命の人との出会いを阻害することはものすご~~くあります。

人を信用できないくては恋愛も上手くいきません。

そもそも人を無意識で避けているのに、愛する人に出会うのは超困難な気がしません?

また言いたいことが言えなくて、都合のよい女どまりになるということも起きたりします。

そういうことから、運命の人との出会いといじめはとっても密接につながっていたりします。

先ほども申し上げた通り、私は小学校の頃、いじめにあっていました。

今日はそんないじめが私の過去世と意外なつながりがあり、そのいじめられた過去から解放されたお話しです。

思い出したくなかった過去の記憶

いじめられていた頃の私は何も言い返すことができない可憐な?女の子でした^^;

まぁ可憐ではないけれど、何かを主張したりすることはできなかったです。(今もあまり得意ではありません)

いじめていたのは女の子一人だけだったし、クラスが違ったのでそこは救いだったかもしれません。

その女の子にいじめられていた過去はかなり癒したんです。

セッションを受けたり、自己セラピーをしたりしていました。

だからその女の子のいじめに対しては、ほとんど気にならなくなっていたのです。

でもあるときフッと記憶から上がってきたのは、そのいじめに関する別の側面でした。

ものすご~~~~~い怒りが込み上げてくるのがわかりました。

簡単に手のひらを返される価値しかない自分

ある日、いじめていた女の子(A子ちゃん)と共通の知り合い(B子ちゃん)ととっても仲良く遊んでいました。

でもその翌日、B子ちゃんはA子ちゃんに私の悪口をいい、私はA子ちゃんからいじめを受けました。

A子ちゃんのいじめというのは、叩いたり蹴ったりということが主だったように記憶しています。

顔に抓った後が残っるようなものだったり、お腹を蹴られたりしました。

またB子ちゃんの例のように他の子とつるんで、のけ者にするようなやり方です。

私にとってショックだったのは、昨日はすごく仲良く遊んだのに、次の日には手のひらを返されのけ者にされてしまったことです。

「あの仲良く遊んでいたのは何だったんだろう?」

「そんな簡単に人って裏切るんだ、、、。」

「どうしてこんな目に合わなくちゃいけないんだろう、、、。」

そんな色々な思いが心の中でわいてきました。

そんな中で一番私を苦しめていた思いはこんなことでした。

「こんな簡単に手のひらを返される程度しか価値のない私なんだ、、、。」

相手への怒りを解放する!

ものすご~~~~い怒りが体の底からわいてきました。

心の中で「お前(B子ちゃん)なんて死ね!死ね!!死ね!!!!!」と叫んでいました^^;

どんなにエゲツナイ言葉を使っても、どんなに相手を罵倒してもいいので、怒りは解放するのが一番なんです。

まずは自分の気持ちを感じてあげるのが一番なのです。

喧嘩両成敗?そんなこと知っちゃこっちゃありません!

ただし、あくまでも自分一人で解放です。

相手に直接「死ね」なんていってらダメですよ^^;

あくまでも意識の中で解放します。

私はあまりの怒りに心の中の罵倒だけでは足らずに、枕を踏んだり蹴ったりしながら、体に溜まった怒りのエネルギーを放出し続けました。

怒りを溜めこむと運命の人との出会いが遅れる

そして疲れ切ったところで次のステップです(笑)

次は私の番!

相手に向けていた怒りのエネルギーをある程度放出したら、次は自分にフォーカスです。

自分の痛みを受け止める作業をします。

私を一番苦しめていた思い「こんな簡単に手のひらを返される程度しか価値のない私」を潜在意識への入口に掘っていきます。

静かに座り、身体の感覚にフォーカスして、自分に質問をしていきます。

悲しみを感じ、それを癒します。

胸の痛みを感じ、それを解放します。

そうして潜在意識に質問をしながら、入っていきます。

そして苦しみの根源へと辿り着いたとき、そこは森の中でした。

前世とリンクしていたいじめ

そして冒頭の前世に行きつきます。

 icon-quote-left 

(あっ!これ、前世だわ、、、)と瞬間的に理解しました。

そしてイロイロ探っていきました。

見えてきた私は、ドイツの軍人です。

おそらく時代はそう遠くない過去です。

ピストルを持って森を歩いています。

そしてピストルを構えたかと思うと発砲し、ウサギを仕留めました。

(あれ?どうして猟銃じゃないんだろう??)となぜか現世の私はそこに疑問を持っていました。

 icon-quote-right 


次回 icon-external-link いじめと関係があった過去世の私の行いへ続きます。

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です