イヴァルナのソウルメイトに出会えない5

この物語は10年以上ソウルメイトを追求したお話しです。

「自分とは何者か?」「人を愛するとはどういうことなのか」を通して、11歳年下のソウルメイトに出会った軌跡を綴っています。

ですので、最初からお読みいただいたほうがよいかなと思います。

このソウルメイトはイヴァルナのリーディングしたソウルメイトとは違います。

※イヴァルナとは世界でも有数のソウルメイトをリーディングする占星術師のことです。

 icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない1

安心感を感じる関係

ふと現実に戻ると、まだ20代なんだよな・・・って思いながら彼の笑顔をみていました。

最初のデートは2時間ぐらいだったと思います。

沈黙になることも、きまずくなることもなく、とても話がはずみました。

まるで仲の良い同姓の友達と話しているように、リラックスしていたと思います。

それは彼も同じだったようです。

「この人といると気持ちが落ち着くな・・・」

「若い頃の激しく相手を想う気持ちとは違うけど、この気持ちは心地よい・・・」

「これも“好き”っていう気持ちの一つなんだろうか?」

と自分の心を分析していました。

今から考えると少しおかしいのですが「好き」と気持ちがこれで正しいのか悩んでいました。

それはソウルメイトくんとお付き合いしてからもすごく悩んでいた時期がありました。

ちょっと(かなり?)恥ずかしいのですが、夫と別れてから約10年、きちんとお付き合いできたのは彼だけでした。

以前にも書きましたが、好きになっても友達以上にはなるけど恋人未満、ずっと不毛な恋愛を繰り返していたのです。

33歳になっても35歳になっても38歳になっても、です。

なので人を好きになるということがよく分からなくなっていました。

彼との日々は、若い頃に恋人と過ごして感じていた熱にうなされたような感覚ではありませんでした。

むしろ夫とともに過ごしていた感覚に近かったので、私は安心感という言葉が当てはまるこの感覚をとても怖れていました。

私はずっと夫に対して抱いていた感覚が間違いだと思っていたのです。

ずっと夫を愛していなかったのに結婚したと思っていたところがありました。

数年前、私をものすごく救ってくれたセラピーで私は、セラピストさんの言われることを一つ一つ消化していきました。

けれども、どうしてもそれはだけは違うと思っていたことがありました。

それは「中村さんは、最初はご主人を愛していたんですよ。」という言葉でした。

「いやそれだけは違う、私は愛していない人と結婚したんだ。」

「自分が安心をしたいがために夫という存在を利用したんだ。」

と思っていました。

だからソウルメイトくんに抱くこの安心する感覚は、やがて破滅することにつながるのでは・・・。

また私は間違いを犯すのでは・・・と思っていました。

ソウルメイトくんとの間に流れる感覚で、「この人は私と一緒にいることを選んでくれるかもしれない」と感じてはいました。

でも「好き」って気持ちがわからないグルグルした思考も強くありました。

私はもう40歳、かたや彼は28歳という年齢の大きな壁も感じていました。

これ以上踏み込んじゃいけない・・・やっぱり無理だろうなという気持ちを感じながら、アイスクリームデートが終了しました。

でもバイバイする間際、試しに(なんの試し?)「明日のマケカフェ行こうかな?」と言ってみました。

すると「おいでよ、大歓迎だよ」と笑顔で言ってくれた彼に甘えることにしたのです。(マケカフェというのは、マーケティングカフェの略で、彼や有志たちが無料で起業や集客相談にのっている週1回の集まりのことです)

次回は icon-external-link イヴァルナのソウルメイトに出会えない6です。

*音声での解説付き*潜在意識の記憶を解放し運命の人に出会う無料メールレッスン

※現在大幅にテキストをリニューアル中のためレッスンを休止しています。
メルマガは発行しておりますので、登録をして頂いた方にはテキストが完成次第お送りいたします。

運命の人に出会える前世療法のご案内

あなただけのカルマ鑑定書~あなたが運命の人に出会えない理由とは?のご案内

お問合せやお申込み


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です