運命の人に出会える前世」カテゴリーアーカイブ

大天使ザドキエル「真の自由をもたらす透聴力を持つあなたへ」5.6~5.12

透聴力は真の自由への誘い

こんにちは^^中村まみです。

よく私たちって透聴力のような何かしらの超能力を持っていると言われます。

この現代社会に生きていれば、なかなか信じがたいことかもしれませんが、やっぱり持っているんです。

ただ衰えているだけで、鍛えることによってちゃんと能力を取り戻すことができます。

ではどうして私たちにはそのような能力を元々兼ね備えているのでしょう?

今週のメッセージは、大天使ザドキエルは私たちが透聴力をもっている理由を教えてくれました。

大天使ザドキエルとは?

大天使ザドキエルの名前の意味は、神の高潔という意味です。

役割としては記憶力と精神を高める手助けをしてくれる天使です。

神への信頼と博愛を教える存在でもあります。

ですので、苦しくてどうでもいいと感じてしまうとき、打ちひしがれているときに助けになってくれる大天使です。

精神を高めてくれるということは、精神的機能を癒してくれるということです。

もしも鬱々とした気分が抜けないなどの場合、遠慮せずにザドキエルに助けを求めてください。

透聴力をもっている理由

私たちが透聴力をもっている理由は、霊性を高めるためです。

では霊性を高めるって一体どんなことでしょう?

いつもにこやかでいること?

他人に親切にすること?

ザドキエルは霊性を高めるということは、物事の本当の意味を知る力を育むことだと言っています。

表面の良い悪いを超えて、本当の意味を知るためにあなたの透聴力の機能を信用し、回復させることを願っています。

あなたの中に確かにある透聴力はそのためにあるということです。

真の自由でいるために

本当の意味を知ることは、あなたの心を自由にすることだと言っています。

自由とは何かにとらわれない心。

そして自由とは高い霊性とイコールです。

それは赦しからもたらされるそうです。

誰かを憎んでいる自分自身の理由を知り、憎んでいる自分自身を赦すこと。

不快な行動をとる相手の真の理由が、深く耳を傾けることで理解するときに自然と起こる赦し。

同情を持って他の人をみる力。

赦しというのはあなたを真の自由に導きます。

そのための助けとしてあなたの中にある透聴力に耳を傾けてみて下さい。

透聴力とは?

透明力とは、あなたの内側にも外側にも、あらゆるところにあります。

あなたの内側にある静かで深い部分に耳を傾けるとき、愛溢れるガイダンスを聴くことができます。

何かしらの答えを求めている時にフッと目にする本、気になる他人のおしゃべりは、あなたの透聴力そのものです。

あなたはあらゆるすべてのことから、絶え間なくガイダンスを受け取っていることを知ってください。

もしガイダンスの意味をはっきり知りたいとき、私は繰り返しあなたにメッセージを送ることができます。

また常にあなたに送っていることを知ってください!

ですから、あなたが知りたいどんな些細なことでも私に助けを求めてください。



*動画で学ぶ*
出会いを阻む潜在意識の記憶を解放し運命の人と出会える無料メールレッスン
運命の人との出会いと前世療法
 icon-circle-o 構成内容

このレッスンは全3回で構成されており、動画で学ぶことができます。

「第1章 運命の人に出会うたった一つのポイントとは?~あなたの世界を丸ごと愛する~」

「第2章 運命の人との出会いとカルマ~カルマの解消はあなたの人生を大きくシフトさせる~」

「第3章 運命の人に出会うためのカルマの解消とは?~潜在意識と仲良しになる~」

 icon-circle-o この講座を受けるとわかるようになること

・運命の人に出会う方法

・前世が今に影響しているということの意味

・輪廻転生の秘密

・自分を愛する方法

・苦しい恋愛をしてしまう理由や脱出方法

 icon-circle-o 重要なお知らせ

無料メール講座にせっかくご登録いただいてもエラーで返ってくることが大変多いです!

メール講座を登録すると、すぐに返信メールが登録いただいたメールアドレスに届きます。

もし返信メールがこない場合は、迷惑ボックスに入っているorエラーで跳ね返っています。

ぜひ各キャリアの迷惑メール設定で下記のメールを受信できるようにしてください。

info@soulmatelesson.com

 icon-circle-o お願い

ご登録の際は、きちんとお名前の記載をお願いします。

あなたが運命の人と幸せに人生を歩いていけますように心を込めて書いておりますので、よろしくお願いします。

※文字列のようなお名前や「あ」とか「わ」とかといったお名前の場合、予告なく削除させていただくことがあります。

 icon-circle-o 第1章全公開

登録される前に第1章をご覧になり、ご自身に合うかどうかをご確認いただくと良いかと思います。

 icon-angle-double-right 第1章動画レッスン


運命の人に出会えるレッスン

過去の恋愛のカルマを統合するとソウルメイトに出会える

天使と行うカルマの統合

こんにちは^^中村です。

新年号が発表されましたね。

昭和 → 平成 → 令和

時が重なり歴史ができ、そこからまた新しい何かが生まれます。

ソウルメイトとの出会いも、あなたの過去の時を大切にすることで実現します。

さぁ今日はカルマとして残っている過去の恋愛を統合するレッスンを始めましょっ♪

辛い過去はソウルメイトに出会う重要な鍵

過去の恋愛なんてもう全然気にしていません!!

過去の恋愛は、、、辛いことばかりでした、、、。

あなたの過去に対する気持ちがどうであれ、ソウルメイトに出会いたいのに出会えないのなら、取り残されたカルマがあります。

過去の恋愛が気になっていない、辛いことばかりで嫌だった、そのどちらも自分の本当の気持ちを避けてきています。

それがカルマとしてあなたのエネルギーフィールドに残っているんです。

それがソウルメイトとの出会いにはとっても影響大なんです。

影響が大きいってことは、それが鍵になるってことでもありますよね。

平和のエネルギーへ変換

カルマの統合は、過去の恋愛で経験してきた感情エネルギーを平和のエネルギーに変換するんです。

感謝をするのが大事という人もいますが、感謝したくないのに感謝はしなくていいのです。

それよりももっと大切なことは、あなたの心を平和にすることです。

過去の恋愛を思い出してザワザワっとしているのって、平和じゃないですよね。

過去なんて関係ない!!といっているのもあなたの心が平和かどうかからみると、どうでしょう??

カルマの統合とは、あなたの心を平和にすることなんです。

そのまま丸ごと受け入れる

過去の恋愛を思い出して辛くなるのは、辛いと感じたその思いを否定しているからです。

無意識で否定しているので、否定していると感覚はわからないと思いますが、否定しているんです。

でもね、これごくごく自然な行動なんです。

辛いとか悲しいとかって、経験したくないと思うのは人の防衛手段なんです。

誰だって悲しみは感じたくないんですからね^^

それに私たちは自分の感情を受け入れる方法を知りません。

そういう方法を教えてもらったことがなんです。

例えば、怪我をしたときは、消毒や絆創膏をはるなどの方法を知っていますが、心が傷ついたときの対処の方法を知らないんです。

教えてもらったことなんてないですからね。

心が傷ついたとき、傷ついている自分を丸ごと受け入れる、これが心の傷を治す、つまりカルマの解放に必要不可欠なことなんです。

カルマ解放のセルフワーク

天使に協力してもらいながら行う、カルマ解放のセルフワークをお伝えします。

天使をイメージしても、イメージできなくて大丈夫です。

まずはそこに天使がいるかも、とだけでいいので感じてみて下さい。

目を瞑って行うとより効果的です♪

1.悲しかった出来事を思い出す

彼との出来事で悲しかった出来事や辛かった出来事を思い出してみて下さい。

詳細に思い出さなくてもいいんです。

悲しさや辛い気持ちを感じることができれば、出来事は思い出せなくても全く問題ありません

2.天使にこう言われていると感じてみる

悲しさや辛さを感じることができたら、天使に以下のように言われていると感じてみて下さい。

「悲しみを感じることぐらい自分自身に許してあげなよ。

君はそれだけ傷ついているんだから。」

「辛さをかんじることぐらい自分自身に許してあげなよ。

君はそれだけ傷ついているんだから。」

3.もう一度最初の悲しかった出来事を思い出す

もう一度最初の悲しかった出来事や辛かったことを思い出してみて下さい。

最初よりも気持ちが軽くなっていませんか?

そしたらもう一度同じように繰り返してみて下さい。

どんどん軽くなるたびにカルマの解放は進んでいます。

色々と応用してみよう♪

この天使とともにする解放は、様々なことに応用が効きます。

以下応用例を書いていきますね。

怒りが出てきたとき

「怒りを感じることぐらい自分自身に許してあげなよ。

君はそれだけ傷ついているんだから。」

寂しくなったとき

「寂しさを感じることぐらい自分自身に許してあげなよ。

君はそれだけ傷ついているんだから。」

誰かにムカついたとき

「 〇〇さんにムカつくことぐらい自分自身に許してあげなよ。

君はそれだけ傷ついているんだから。」


〇〇なあいだは運命の人の特徴を感知できない

運命の人に出会うことは希望に満ち溢れる冒険

こんにちは^^中村まみです。

運命の人の10の特徴、運命の人の見分け方、ネットや本などにそんな方法が書かれています。

でも実は近くに運命の人がいるのに、気がつかないという事例に度々遭遇したことがありました。

あなたは準備が整っていないと出会えないと聞いたことがあるかもしれません。

じゃぁこの準備って一体なんだろう??ということなんですね。

あなたはその準備、結構難しいと思いますか?

私が調査したところによると、ごくごくシンプルなことだなということが分かりました。

準備が整ったとはどういうこと?

準備が整ったということはどういうことかとたった一つだけ挙げよと言われたら、私はこう言います。

「頭(思考)よりフィーリングを重視し始めたとき」

頭を重視しているときは、理想を描いていたりします。

理想はあってもいいのですが、頭を重視しているときはほぼそれに縛られている状態になりがちです。

そうするとフィーリングがかき消されてしまうんですね。

運命の人というのは、あなたのハートの中にににいるので、フィーリングがとても大切になってきます。

ですので、このフィーリングがとても大切なのです。

運命の人の特徴を感知できない?!

スコトーマという言葉をご存知でしょうか?

「盲点」のことを言います。

脳はインプットされる情報に対して、現在の自分のコンフォートゾーン(楽な領域)と合致するかどうかで、重要性を判断します。

「現在の自分」にとって重要度が低いものは、目の前にあっても見えなくなるんです。

このことを「スコトーマができる」といいます。

頭を重視している場合、運命の人に対してスコトーマが発動していることがあります。

「運命の人に出会えない」と思っている方は、スコトーマができているといっても過言ではありません。

ネガティブな感覚が多いと?

私たちは自分の信じることと矛盾するものに対して、スコトーマを築きます。

今までの自分の習慣や先入観に、合致する情報だけを選別して集めてしまい、それ以外は排除します。

これは無意識(潜在意識)下で行われているために気づくことはまずありません。

また自分がスコトーマを持っていることに気づくこともありません。

もしその潜在意識に運命の人に出会えない思い込みがあったらどうなると思いますか?

運命の人に出会える状況を無意識で排除してしまいます。

あるいは、何らかの理由で気持ちに余裕がなく心身共に緊張状態で、人に対して心を開くことが難しい状態だとしたら?

運命の人が近くにいても気づくことができなくなります。

これが実は近くに運命の人がいるのに、気がつかないということが起こる大きな原因です。

スコトーマを外す

もちろん、スコトーマは外れます。

無意識の領域からそのスコトーマの原因になっている思い込みをどんどん外していきます。

スコトーマが外れたとたんに、自分の近くにいた人が運命の人の特徴と一致していたことが分かるったということもありました。

またスコトーマが外れると、いままで見えていなかった選択肢が見えてくるので、行動が変化します。

今まで「運命の人に出会えない」という前提で行動していたことが「運命の人に出会う」という前提の行動になります。

ですので、当然のごとく結果が違ってきます。

自分を深く理解することができるので、理想は理想ではなくもっと身近な現実になります。

自分の中の運命の人というのがもっと具体的に感じることができるようになります。

それはきっと運命の人という枠組みを超えた喜びをあなたの人生にもたらしてくれるものになるはずです。


いじめと関係があった過去世の私の行い

こんにちは^^中村まみです。

いじめ運命の人との出会いに大きく影響します。

これはいじめていたほうにも影響があるんです。

いじめられていたほうにもいじめていたほうにも「人と関わる」という面において暗い影を落とすからです。

今日は前回の icon-external-link いじめの過去が解放された前世の続きです。

いじめにあった理由は過去世の私の行いが引き金だったのです。

過去世の私が猟をする理由

過去世の私は軍人でした。

過去世の姿と今の姿って全然違うのですが、これは自分だとわかります。

感覚が教えてくれます。

今の私はなぜかピストルで猟をしているところに疑問に感じたのです。

そこで軍人の私に意識を合せてみます。

段々と軍人の意識が分かるようになってきたときに、ちょっとパニックになりました。

過去世を知ると感情が解放される

「なんということを、、、、」

「やめて!」

「なんだか気持ち悪くなってきた、、、、」

現世の私はこう思いながら泣いていました。

なぜなら、ピストルで猟をしていた理由は、暇だったからでした。

過去世の私の気持ち

時間潰しのために生き物を殺して楽しんでいた私がいたのです。

彼の中にある残虐性を感じショックがすごくて、、、身体が震えていました。

うさぎを狩ったあともそのうさぎはその場に放置し、新たに狙う生き物を探しています。

ウサギみたいな小物ではなく、鹿のような大物を仕留めたいと思ったりしています。

生活の糧に生き物を殺しているのではなく、自分が楽しむためにその行為に及んでいたのです。

過去世の自分にかなり怒りが込み上げてきました。

それと同時にこの彼の気持ちといじめとの共通点をみつけました。

いじめにあっていたこととの共通点とは?

軍人の私は動物の命に対して何の配慮もしていません。

動物には価値があるとすらも思っていないようです。

なので「暇」という自分本位な理由で、何の躊躇もなく殺すことができたのです。

いじめにあって私を苦しめていた思いは「こんな簡単に手のひらを返される程度しか価値のない私」でした。

過去世の私は「動物に価値があるとすらも考えない私」でした。

いじめは人格の否定、つまり「人格を殺すこと」です。

それは相手にも人格や感情、生活等、自分となんら遜色ない大切なひとつの命を考えることができないために起こります。

あなたは“共通点”わかりましたか?

私は過去世で動物に対して行っていた“考え”を今生ではいじめを通して経験させられていたのです。

もっと深堀してみよう!

もう少し分かりやすく深堀してみたいと思います。

行動ではなくそこでの思考が鍵

殺したから殺されたという行動がカルマになるのではなく、その思考が鍵です。

私は動物の命に対して「その程度の価値」としか思っていませんでした。

その思い(その程度の価値)は時空を超え、私が自分自身を「その程度の価値なんだ」という思いを経験する側になったのです。

もう一つ大切なこととして、過去世の軍人の自分に対して持った強い怒りは、まぎれもなくB子ちゃんへの怒りと一緒でした。

潜在意識は一人称

潜在意識は一人称です。

動物も机もあの人もこの人も「自分」です。

動物に対して考えた思考は、自分に対して考えた思考でもあるということなんです。

この程度の価値という経験も、B子ちゃんへの怒りもすべて自分が自分に対して感じていた思いなのです。

誰も悪くない

それが見えてきたとき、過去のいじめでの怒り、悲しみは消えていきました。

「誰も悪くない」

A子ちゃんもB子ちゃんも自分が作りだした思考を教えてくれる役割を演じていただけだということが心で理解しました。

私は過去世の軍人の私と話し合い、猟をすることをやめてもらうことができました。

うさぎも生き返らせました。←これができるのが前世セッションの醍醐味です!

そうして一つカルマが解消されたようです。

価値がない私の根源を解放

パートナーがいないことであなたは何を感じていますか?

愛される価値のない私でしょうか?

愛する意味がわからない私でしょうか?

人から軽んじられる私でしょうか?

その思いの根源は、ずっとずっと深いところにあってあなた自身に見つけてほしいと思っています。

その鍵はちゃんとあなたの中にあります。

それはあなたの運命の人を引き寄せる思いでもあるのですから。


いじめの過去が解放された前世

(あっ!これ、前世だわ、、、)と瞬間的に理解しました。

そしてイロイロ探っていきました。

見えてきた私は、ドイツの軍人です。

おそらく時代はそう遠くない過去です。

ピストルを持って森を歩いています。

そしてピストルを構えたかと思うと発砲し、ウサギを仕留めました。

(あれ?どうして猟銃じゃないんだろう??)となぜか現世の私はそこに疑問を持っていました。

軍人の過去世と運命の人

こんにちは^^中村まみです。

運命の人との出会いいじめというのはかなり深い関わりがあるんです。

冒頭の私の前世は、いじめに合っていた過去ととても繋がりがある前世でした。

いじめっていじめている側にすればふざけていることでも、いじめられている側にとっては、死にたいくらい辛くなりますよね。

そうしてほとんどの場合、トラウマができてしまいます。

はっきりと身体や心に症状が表れることもありますが、やっかいなのは自覚できる症状がないことだと思います。

症状がなかったらそれはトラウマではないのではないのでは?と思われるかもしれません。

確かにそうかもしれません。

けれどもなんとなく人を信用できないとか、言いたいことが言えないなどの小さなことでもトラウマです。

思い出すと怒りが込み上げてくるというのも立派な?トラウマです。

だって過去に縛られているのですから。

この過去に縛られていることが運命の人との出会いを阻害することはものすご~~くあります。

人を信用できないくては恋愛も上手くいきません。

そもそも人を無意識で避けているのに、愛する人に出会うのは超困難な気がしません?

また言いたいことが言えなくて、都合のよい女どまりになるということも起きたりします。

そういうことから、運命の人との出会いといじめはとっても密接につながっていたりします。

先ほども申し上げた通り、私は小学校の頃、いじめにあっていました。

今日はそんないじめが私の過去世と意外なつながりがあり、そのいじめられた過去から解放されたお話しです。

思い出したくなかった過去の記憶

いじめられていた頃の私は何も言い返すことができない可憐な?女の子でした^^;

まぁ可憐ではないけれど、何かを主張したりすることはできなかったです。(今もあまり得意ではありません)

いじめていたのは女の子一人だけだったし、クラスが違ったのでそこは救いだったかもしれません。

その女の子にいじめられていた過去はかなり癒したんです。

セッションを受けたり、自己セラピーをしたりしていました。

だからその女の子のいじめに対しては、ほとんど気にならなくなっていたのです。

でもあるときフッと記憶から上がってきたのは、そのいじめに関する別の側面でした。

ものすご~~~~~い怒りが込み上げてくるのがわかりました。

簡単に手のひらを返される価値しかない自分

ある日、いじめていた女の子(A子ちゃん)と共通の知り合い(B子ちゃん)ととっても仲良く遊んでいました。

でもその翌日、B子ちゃんはA子ちゃんに私の悪口をいい、私はA子ちゃんからいじめを受けました。

A子ちゃんのいじめというのは、叩いたり蹴ったりということが主だったように記憶しています。

顔に抓った後が残っるようなものだったり、お腹を蹴られたりしました。

またB子ちゃんの例のように他の子とつるんで、のけ者にするようなやり方です。

私にとってショックだったのは、昨日はすごく仲良く遊んだのに、次の日には手のひらを返されのけ者にされてしまったことです。

「あの仲良く遊んでいたのは何だったんだろう?」

「そんな簡単に人って裏切るんだ、、、。」

「どうしてこんな目に合わなくちゃいけないんだろう、、、。」

そんな色々な思いが心の中でわいてきました。

そんな中で一番私を苦しめていた思いはこんなことでした。

「こんな簡単に手のひらを返される程度しか価値のない私なんだ、、、。」

相手への怒りを解放する!

ものすご~~~~い怒りが体の底からわいてきました。

心の中で「お前(B子ちゃん)なんて死ね!死ね!!死ね!!!!!」と叫んでいました^^;

どんなにエゲツナイ言葉を使っても、どんなに相手を罵倒してもいいので、怒りは解放するのが一番なんです。

まずは自分の気持ちを感じてあげるのが一番なのです。

喧嘩両成敗?そんなこと知っちゃこっちゃありません!

ただし、あくまでも自分一人で解放です。

相手に直接「死ね」なんていってらダメですよ^^;

あくまでも意識の中で解放します。

私はあまりの怒りに心の中の罵倒だけでは足らずに、枕を踏んだり蹴ったりしながら、体に溜まった怒りのエネルギーを放出し続けました。

怒りを溜めこむと運命の人との出会いが遅れる

そして疲れ切ったところで次のステップです(笑)

次は私の番!

相手に向けていた怒りのエネルギーをある程度放出したら、次は自分にフォーカスです。

自分の痛みを受け止める作業をします。

私を一番苦しめていた思い「こんな簡単に手のひらを返される程度しか価値のない私」を潜在意識への入口に掘っていきます。

静かに座り、身体の感覚にフォーカスして、自分に質問をしていきます。

悲しみを感じ、それを癒します。

胸の痛みを感じ、それを解放します。

そうして潜在意識に質問をしながら、入っていきます。

そして苦しみの根源へと辿り着いたとき、そこは森の中でした。

前世とリンクしていたいじめ

そして冒頭の前世に行きつきます。

 icon-quote-left 

(あっ!これ、前世だわ、、、)と瞬間的に理解しました。

そしてイロイロ探っていきました。

見えてきた私は、ドイツの軍人です。

おそらく時代はそう遠くない過去です。

ピストルを持って森を歩いています。

そしてピストルを構えたかと思うと発砲し、ウサギを仕留めました。

(あれ?どうして猟銃じゃないんだろう??)となぜか現世の私はそこに疑問を持っていました。

 icon-quote-right 


次回 icon-external-link いじめと関係があった過去世の私の行いへ続きます。